オペラ『ルドルフとイッパイアッテナ』稽古場日誌(8月8日):佐藤敏之

ここ数日少し暑さが落ち着いた感じがしてたのに、今日は猛暑❗稽古場に着いたら汗まみれになってしまいました。

そんな暑い中、オペラ塾に通って下さってる飯田さんが暑中見舞いを届けて下さいました~




沢山の桃にミニトマト❗早速みんなで頂きました。
有り難うございます。


さて本日は、一週間の音楽稽古を経て、演出の立山さんをお迎えしました‼️



立山さんには色々な作品を演出して頂いてますが、今回は2017年[スマイル―いつの日か、ひまわりのように]以来5年ぶりです。
僕は前回関わってないので、2014年の[おぐりとてるてー説教節(小栗判官照手姫)よりー]以来8年ぶり!そんなに経つのか~年取る訳だ~

初日と言うことで、両組とも全曲お聞かせする事になりました。

いやぁ~ホントに楽しい‼️体が自然と動いちゃうような音楽でいっぱいです🎵
音楽稽古では細かく区切ってやってたので全編通して聞いたのは初めてだったので改めてそう思いました。

その後は少しミーティング。
この作品について出演者一人一人の感想や思いなどを話したり、立山さんから演出についての話がありました。
それから具体的にセットの中で、どんな風に動けるか実際に動いてみたり、このシーンではどんな位置関係かな?とかをやってみたりしました。




そして、プロローグのところを即興的に両組やってみました🎵
全然うまく出来ませんでしたが、何だか新作を作る感じがよみがえってきてワクワクしてきました❗
ここでタイムアップ。
いよいよこれから本格的に稽古突入です。
必ず楽しい作品にしますので、是非とも劇場へ足を運んで下さいませ~





おまけ


稽古が終わった後、楽屋を覗いたら衣裳係のヒロカちゃんが遅くまでミシンを操っておりました。ご苦労様です!


ワークショップ in 大垣「うたに親しむ うたを見つける うたを楽しむ」(7月31日):小林ゆず子

7月最後の日にワークショップをしてきました!!場所は岐阜県の大垣市。私のふるさとでもあります。
大垣のお茶と、大垣のお水をもらい喜ぶわたし笑

昨年は岡原さん、私、ピアニスト榊原紀保子さん、と3人でお邪魔したのですが、今年は紀保子さんと2人で行ってきました♪ワークショップ講師をやることはなかなかないので私もドキドキです☆

前半に自己紹介、簡単にオペラってどんなものかを説明して、こんにゃく体操を体験!! 後半にはみんなで「つまさききらきら」を歌います。

参加してくれたのは午前の部、午後の部、合わせて5組の親子13人。市内の方もいれば、隣の県からはるばる来てくださった方まで!!

歌が大好きだから参加したという方もいれば、今なかなか思いっきり歌える場所がない、子どもが歌っている姿を見る機会がないので一緒に参加しようと思った、などこのご時世ならではの理由で申し込んでくれた方もいました。

今回は広い会場で人数も制限して、扇風機なども回して。。。 もちろんマスクはつけたままだけど、大人も子供も飛んだり走ったりしながらのびのび歌っていて!!そんなみなさんの表情を見ながら、あー歌うって本当に気持ちいいんだなぁ✨と思いました。

大人の方からは、身体を動かしてみたらいつもと違う声が出て、すごく楽しかったと言ってもらたり。。。1時間半という短い時間だったけど、日常とは違う身体も心ものびのびした時間になっていたら嬉しいなぁと思います♪♪

集合写真を撮るのをすっかり忘れたので、紀保子さんと2人で!
おつかれさまでしたー!!

控室には大垣のキャラクターや名産品がたくさん!!私は知らないものまでありまして。。。なんだか自慢できるものがいっぱいあるみたいで嬉しかったです✨

オペラ『ルドルフとイッパイアッテナ』稽古場日誌(8月3日):熊谷みさと

猛暑ですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

8月に入って、こんにゃく座では、新作オペラ『ルドルフとイッパイアッテナ』の稽古が始まりました!

小さい頃から大好きだった名作をオペラでやれるなんて、ドキドキとわくわくが止まりません。

台本は、『銀のロバ』でもお世話になったいずみ凜さん。
作曲は、数々の名合唱曲を世に送り出していらっしゃる、信長貴富さん。
信長さんはこんにゃく座では初めてのお付き合いですが、私も信長さんの曲は大学生の頃にたくさん歌わせてもらっていました。

7月28日に、完成した全曲をいただきまして、それぞれの個人稽古ののち、8月1日は「こ組」、2日は「ね組」で音楽稽古をしたのですが、なんと言ったらいいか、、めちゃくちゃ楽しいです!!
うわあ、もうそれ以外の言い方がわからないんですけど、めちゃくちゃ楽しいです!!!!
早く聞いてほしいー!!
でもまだ無理ー!!


そんなこんなで、本日は朝から演出部の壹岐くん、沖さん、吉田くん、そしてボスの舞台監督八木さんで、装置をほとんど完成させてくれていました。
これもすごく楽しい装置で、わくわくなんですよ!
まだ全部お見せするのはもったいないような気がしてしまうんですけど、とか言ってそのうち見せちゃうかもですけど、とにかくわくわくなんですよ!



珍しく演出部になったちびっ子沖さん、なにやらずっといろいろ測っていました。



稽古前には何かの撮影会…?


何でしょう、楽しそうです!!


必要な写真は役者の分だけだったけど、どうしても見たくなってお願いしたらやってくれたピアニスト五味さん。
誰よりもキュートで眼福が過ぎました…
ありがとうございます!!



もちろん、ちゃんと稽古もしました!


真剣に歌う「ね組」のみなさん

あ、そうそう、当然のように言ってしまいましたが、今回は「ね組」と「こ組」のダブルキャストなのです。
4人ずつの組なのですが、ね組とこ組で役の男女が違ったりして、同じ曲でもやっぱり全然違って聞こえておもしろいです。
これは両組見るしかないですね!!



そんな私たちをぐいぐい引っ張ってくれる演出助手の美佐子さん

まだお見せするのがもったいない気がしてしまうんですけど、今回の、黒猫ルドルフの衣裳画が美佐子さんに似てて可愛いんですよ!
いつかみなさんにも見てもらいたいです…!!


そんな素敵な衣裳画を描いてくださったのが、今回の衣裳プランナー宮本宣子さん。


全員集合初日にも関わらず、衣裳部の裕加さん、のぶさんと一緒に早速フィッティングをしてくださいました。
スピード感がすごい…!!



そしてまた夜までばしばし稽古しました。



今日も一日私たちを引っ張ってくださりありがとうございました!



演出の立山ひろみさんがいらっしゃる来週までに、少しは…いや、もっと…!自由に歌えるようになりたいです。
これからです!
みんなでがんばるぞー!!
どうぞよろしくお願いします!!!





オペラ『ルドルフとイッパイアッテナ』キャスト紹介動画




タング組 in 埼玉県久喜市『菖蒲文化会館アミーゴ』(7月31日):飯野薫

タング組は久喜にやってまいりました。
久喜おやこげきじょうさんの例会です。
こんにゃく座はこれまで注文の多い料理店やよだかの星、銀のロバなどご覧いただいています。
このような情勢のなか今日の公演の実現のために動いてくださったおやこげきじょうの皆様、本当にありがとうございます。

他のオペラやコンサートの本番を挟み、タングの本番は2ヶ月ぶり。前日に演出の大石さんと稽古をしました。全員がいっせーのーせ!で動く、パネルを使っての転換の場面は、少しのズレが命取り!とは言い過ぎですが、ピアニストと歌役者とみんなで阿吽の呼吸を思い出し、安心して今日を迎えることが出来ました。

終演後には舞台上に出演者、客席にお客様にお集まりいただき座談会がありました。コロナの影響でここ数年、終演後ロビーでのお見送りが出来ずにいましたが、今回直接感想を伺ったりお話し出来ることがとても嬉しかったです。こんにゃく座の由来となったこんにゃく体操をみていただいたり、質問もたくさんいただいたのでお答えしました。

タング&こんにゃくざのおんがくかいツアーも1学期は今日がラスト!千秋楽でした。お疲れ様でした!また秋に旅します♪

高岡由季出演!ひとりオペラ『ナイチンゲール』(7月30日):高岡由季

川崎市高津区にあります小黒恵子童謡記念館にて、高岡由季の完全なる個人企画、ひとりオペラ「ナイチンゲール」の公演が行われました。

このオペラ『ナイチンゲール』は、2017年に濱崎加代子さんによって新作初演された作品です。
台本は立山ひろみさん、作曲は萩京子さんです。
3人とも、私が上演することを快く了承してくださいました。本当にありがたいことです。
そこから始まる、感謝の嵐。ここでは、そんなありあまる感謝を書かせていただきます。
ピアニストは、前回の私のソロコンサートでもお世話になった、大師匠である服部真理子さんです。
本当に、素晴らしい音楽で、物語を虹色にしてくださいました。私のお芝居のみのシーンも前から見ていろいろ一緒に考えてくださって、いつも伴奏でなく伴走してくれる、大好きなお方です。
今回の会場、小黒恵子童謡記念館のホールには、日本に3台しかないというピアノ、『ベーゼンドルファー インペリアル セナトール』が置いてありました。
真理子さん、似合います。


うるおさんは、照明をやってくださいました。今回使われた照明のほとんどがうるおさん個人の持っているLEDの機材でした。
使える電力?が限られているなかで、ここまでいろいろなことをやれたのはLEDだからなのです。
すごいです。職人です。
「ステンドグラスを置いて、後ろから光が当たったら嬉しい」というような私のふんわりした要望を、そのためにはどうすれば良いか具体的な案を出してくださり、見事に叶えてくださりました。
まさかステンドグラスの後ろの明かりも調光してくれるとは想像もできず、ステンドグラスの明かりがふわぁっと灯ったのをみた時は大興奮でした。


大翼さんは、舞台監督という名の、スーパーマンでした。
一緒に装置を作って下さり、私が下塗りを終えたイーゼルと椅子たちに素敵な汚しをかけてくださいました。
「美術室の机みたいな汚しをかけて欲しい」という、これまた私のふんわりしたオーダーに、200パーセントで答えてくださりました。
「ここで絵の具をこぼして急いで拭いた」とか、「汚れた手でこう持った」とか、ハリークラークの生活と物語が見えてきました。大興奮しました。
そして、ゲネプロでは写真を撮り、本番では映像を撮り、美しい時間を永遠のものにしてくださりました。


茉奈は、当日の受付をやってくれました。
スタッフを含め、40人までしかお客様を入れられないということで、スタッフを出来るだけ減らした結果、茉奈に会場の消毒や、精算や、開演前アナウンスや、撮影の手伝いなど、全部をやっていただきました。
お客様リストを見て、なんとなく予想をたてて領収証を準備したりしていて、私は感嘆の声を漏らしました。

しっかり者の茉奈に安心して受付を任せ、私は開場中、みなさんが履いてきた靴を入れてもらうポリ袋を配る係を心置きなくやれました。
お客さまひとりひとりと、開演前にお話できてとっても楽しかったです。


そして、歌唱をたくさん指導してくださった大石さん。
大石さんの背中を追ってこんにゃく座に入ったといっても過言ではない私。大事な時間になりました。
この、小黒恵子さんが作詞された『ドラキュラのうた』は、大石さんがこんにゃく座に入る前に所属していた団体での旅公演で毎日歌っていた歌なんだそうです。
面白いこともあるものです。

作曲の萩さん。
私の稽古をみにきてくださり、私の歌いやすい高さへの移調も一緒に考えてくださり、たくさんたくさんアドバイスをしていただきました。

伊藤多恵さん。
本当に、自分のことのように一緒に考えてくださいました。私の、ぼんやりとしたやりたいことをクリアにしてくださり、面白い振り付けもつけてくださり、ピアニストがいない状態で、私が口でピアノの伴走を時々歌ったりしながらのひとりだけでの通し稽古をみてくださったりしました。思い出すだけでもありがたすぎて涙が出ます。

その他にも、いろんな人がいろんなところで助けてくださいました。
お頼みする私の心を越えて、更に更によりよいことを施してくれる、優しさと愛に満ちた人たちに囲まれて、本当に幸せです。

そしてそして、ご来場くださったみなさま、応援してくださったみなさまの心のあたたかさ!!
暑い中、汗をかいて会場までいらしてくださり、お金を出してくださり、私の歌を楽しんでくださり、拍手をしてくださいました。
こんなに有難いことはほんとうにありません。

充実した、幸せで、豊かな日々でした。これからも。

これから、精一杯、幸せをみなさまに返していきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


本当に、本当に、本当ーーーに、 ありがとうございました!!!

森組 in 沖縄県那覇市『那覇文化芸術劇場なはーと』〜「みるく世がやゆら」を歌う沖縄コンサート in 沖縄県島尻郡『T.tutti』(7月23,24日):沖まどか

7月23日『森は生きている』沖縄公演☆
りっかりっか*フェスタという沖縄で開催される国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ 2022に参加してまいりました!
2005年から毎年開催されているこのファミリーのための国際舞台芸術フェスティバルは世界各国から色々な舞台をされる方々が集まっており、こんにゃく座も2010年『セロ弾きのゴーシュ』2019年『ロはロボットのロ』と参加させていただいております!
今回の『森は生きている』は、なんと発売から約一ヵ月でチケットが完売!!1000人を超えるお客様が観に来て下さるとのことで、沖縄へ行く前からドキドキワクワクバクバクソワソワっ楽しみでなりませんでした⸜( •⌄• )⸝

まずは今回、装置や衣裳を積んだトラックだけをフェリーに乗せて、運んでもらいました!
19日。数名で朝からレンタ2tの荷積みをし、トラックを若洲ふ頭へ☆トラックだけを残してみんなで飛行機というのはなかなかない経験で、ちょっぴり家族と離れるような淋しさが(´・・`)どーか無事に沖縄に到着しますよーに☆としばしの別れを惜しみつつ。。


大きな大きなフェリーに乗っていくのね🚢バイバーーーイ!

トラックと別れて数日後の22日
人間はみな、飛行機で沖縄入りです✈
ちょうど夏休みに入ったところで、子どもたちもいっぱい!大きな大きな飛行機に乗って行きます!


沖も子どもみたいですね…


飛行機からは、なんと、富士山が!わたし、飛行機から富士山見たの、初めてです✨🗻✨


飛行機の中でもコンサートや9月公演の楽譜を見てお勉強している人々。エラい!



到着すると、たくさんの胡蝶蘭とシーサーが出迎えて沖縄感満載🌺



みんな嬉しそうですね♬︎♡


萩さんとバジさん(佐山さん)が一緒に旅をするのは、もう何十年ぶりなんだそうです!嬉しそうな萩さん♡


みんなそれぞれ沖縄に到着し、ホテルに入って、国際通りを散歩したり、やちむん通りで陶器を買い漁ったり、お友達に会ったり(沖縄にお友達がいる人がたくさん!あと、たまたま東京から仕事で友達が来ていたから会ったという人も?!)色々です!
やちむんに行ったのは冬木と茉奈。



大きなシーサーと。「ハイ!シーサー🦁」


やちむんのブレスレット買っちゃったんです♪と嬉しそうな茉奈


萩さんと佐藤さんは、佐藤さんのお友達がやってらっしゃるローカルラジオに出演!!



『森は生きている』のことや、翌日にやるコンサートのこと、こんにゃく座のことをお話されてました!
よかったら、お聞きください↓↓↓※歌の部分はカットされています!
https://m.youtube.com/watch?v=Q-BtEanulNg


トラック引き取り組は港へトラックを迎えに!
劇場に到着すると、今回、こんにゃく座主催公演ということで、特別に同行してくれたななこさん、あずみさん、麦さんが劇場の下見を。





那覇文化芸術劇場なはーとは2021年10月にオープンしたばかりのホールなので、1000人以上の自由席、どこにスタッフを配置するのがいいのか、開演前に来られたお客様にはどこに並んでもらうのか、劇場図面を見ながら、綿密に打ち合わせです。前日からお疲れ様です。ありがとうございます!なはーとはとっても大きい劇場!1600キャパなんですって!客席が海の中の洞窟みたいなイメージなのか、客席の入口から雰囲気があって、椅子は色んな色、天井が青くて、とても綺麗でした♡


伝わりますかしら?

さて、直前の21日にコロナの感染者数が東京は過去最多の3万人を超えたり、沖縄県も5000人を超えて、行動制限が要請されたりして、本当に公演ができるのか最後の最後までドキドキでした。


23日
朝から仕込み、稽古をして、稽古の間にも表方スタッフの打ち合わせがあったり、、そしていよいよ。
開場前にどれだけのお客様が来るか分からないということで、開場時間を30分前倒し。現地の担当の方は、「沖縄の人は基本、開演直前?に来る人がほとんどだと思いますけどねー」とおっしゃった。
が!!!なんと蓋を開けたらあらビックリ!300人近いお客様が開場前から来て下さったんだそーな😀なんとありがたいことでしょう!!!!

たくさんのお客様に見守られて幕が開いた『森は生きている』♫はじめは、子どもちゃんからこわ~いという声があがるも、カラスの歌が聞こえると一緒に歌ったり、マツユキ草が咲いたときには「わーー✨」と声が上がったり、最後にはすごい拍手をいただき、とても嬉しい一学期最後の公演となりました😆
出雲、沖縄と二か所だけでの公演でしたが、新しいメンバーの理恵さんや初めての組み合わせ、あたくしはお母さまが美佐子さんで、とっても新鮮で楽しく演じておりました!また機会があるといいなー。


家族写真。


ホントは仲がいい♥


開演前にパシャパシャ






沖縄の公演ならではの差し入れ!月桃のお饅頭に大満足の一同!!


無事に公演ができて、本当によかったです!!!
ありがとうごさまいました!!

バラし後はトラックをまた港へ。沈む夕日が綺麗だったーーーー!!けど、写真撮るの忘れたーーーー🌇



24日
萩さん企画のコンサート『みるく世がやらゆらを歌う』
「森は生きている」のメンバーでT.tuttiという小さなスタジオでのコンサートをやりました。ソングのステージと合唱曲『みるく世がやゆら』。 これまで私は、うた会では座員全員で、2019年には沖縄で約100名の合唱団の方たちと、この曲を歌ってきました。
今回は各パート3,4人での少人数。
詩の内容をじっくり感じながら、伝わるように想いを込めて歌わせていただきました。
昨今の世の中の情勢、沖縄の方々に聞いていただくこと、そしてこの詩を書いた知念捷くんが初めてこんにゃく座のこの歌を聞きに来てくれたこともあって、感動的でした。
移動日なので、自由行動してくださっていいのに、裏でついてくれている舞台監督の久寿田さん、照明の中島さんもお手伝いに来てくださり、怒涛のコンサートも無事に終えることができました!!

こんなスタジオ↓↓↓





きほこさんのお友達からいただいた差し入れのもずくの天ぷら♡美味しかったーーー!!


スタンバイ中!いよいよです!


ありがとうございました♬︎♡



26日
トラックが沖縄から帰ってきました!


大きなフェリーから降りてきたトラックを見守るふたり!すごく雨が降っていたけど、止んでよかったー!
これから帰って、最後荷下ろしをして、沖縄の旅、一学期の『森は生きている』の旅は終了です!!
本当にお疲れ様でした😊✨✨




おまけ


那覇文化芸術劇場のロビーには緑の大きなモニュメントと少女が。


沖縄の銀行。略して【おきぎん】
「みんなワシの銀行じゃーーーーーーいっ!」
なんちゃって



今回の影アナさんは10月の精さんでした!


全ての行事が終わってホッとした萩さんの羽田での表情✨



蔵出し写真コーナー☆


ニコニコの代表


ちょいワル副代表


フォトジェニック姉さん


破顔のむすめさん


もぐもぐたいむ


華麗に準備中



筋肉の女王


眺める博士


スキンシップと触れる可らずの攻防


座員としての初舞台、おめでとう


光が似合う笑顔




沖縄ツアーの様子を動画にまとめてみました☆
良かったら見てみてね♪