よだか組 in 福岡(6月9日):佐藤 久司

6/9 曇りときどき晴れ

今日は福岡県八女郡にやってまいりました。八女といったら「八女茶」!というわけで、会場へ向かう車の窓からは一面の茶畑が広がってます。



そして到着したのは中広川保育園。今日はナント保育園児によだかを観てもらいます❗️
さて、百数十人余りの園児の大群はどんな様子で舞台を観るのでしょうか…



園内のホールを会場として使用します。仕込みにはピアニストの湯田ちゃんも参加してくれました。

最初の「雨の音楽」で登場するや、キャッキャッと歓声が上がります。かわゆい…イイ感じ💖しかし間奏の打楽器アドリブで調子に乗りすぎてガンガン叩いたら泣いちゃう子もいた。ごめんなさい💧でもそれもかわゆい…
それから先はみんなとってもよく観てくれました。よく笑ってよく驚いて、何故か関西弁でツッコミをいれる男の子もいたりして。
最後のよだかのシーンで泣いちゃった子がいた。会場が暗くなったから泣いたのか、それとも話しの内容が悲しくて泣いたのか… 。いずれにしても会場はすっかりよだかの世界に包まれました。

最後に園長先生はじめ園児のみんなと記念写真を撮りましたが、ショックなことに保存されてなかった!😱ので代わりにこの一枚



「にもつ、ぜんぶクルマにはいっとるとー?」「しゃしんとるとー?とって、とってー!」と集まるこどもたち。やっぱりかわゆい…

0 件のコメント:

コメントを投稿