森組 in 和歌山県紀の川市『鞆渕小学校、鞆渕中学校』(10月30日):青木美佐子

美しい森の道をぬけ、やって来ました鞆渕小中学校。



校門からは細くてカーブした急坂を下らなければならず、トラックが体育館のそばに付けられません!先生が急遽軽トラックを貸して下さり、坂の上に停めたトラックから荷物を積み替えながら少しずつ運んでいきました。ふぅ…
体育館の裏は谷!、はるか下の方に川が流れています。



ここは小中学校合わせても30人弱の小さな学校です。みんなちょっとはずかしがりやさんでも今日、ワークショップから一か月半ぶりに会うと、ぱぁっと笑顔を見せてくれました。
校内には全校で制作した作品がたくさん飾られていて、とても素晴らしい!



給食もみんなで一緒に食べるし、大きい子が小さい子のことを普通に自然に気にかけてあげていて、本当に良い雰囲気です。
体育館入口には手書きのかわいらしいポスターが貼ってありました。



本番は保育所から6人(なんと1歳から!)とPTAの方や地域の方などたくさん観に来て下さいました。皆しーんとすごい集中力!まつゆき草も全員一緒に咲かせて下さって大感動してしまいました。
さぁいよいよ『そりの歌』。少し恥ずかしそうに、でも楽しそうにニコニコ歌い踊ってくれました。保育所の子達もぴょんぴょん飛び跳ねて参加。アンコールの『十二月の歌』は地域の方も歌詞幕を見ながら歌って下さって、嬉しくありがたく、とても温かい気持ちになりました。

終演後、またせっせと坂を登ってトラックに積み込みをしていると、先生方が手伝いにきて下さり、またまた大感動!本当にありがとうございました。

ホテルへの帰り道、ワゴン車の窓からみた夕焼け空がとてもきれいでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿