オペラ塾前期 ソング発表会(7月21日):白石温

初めて座日記を書きます!新入座員の白石温です!!私は2023年度に引き続き、オペラ塾に毎週楽しく通わせていただいているのですが、本日7月21日はそんなオペラ塾前期の最終日、ソングの発表会でした!

朝10時に集合のはずが、9:30には稽古場にいらして「パパパ」の入念な準備をする皆さま。リハーサル前の最終確認ですっ!

そしてリコーダーガールズ!!笑(フォトバイゆきさんです!ありがとうございます!!)
ちいちゃんには沢山お世話になりました、、、
午前中は岡原さんのご指導のもと、「飛行機よ」「夢へ」「パパパ」の合唱三曲と、ソングのリハーサルをしました。お昼休憩の時間にメイクをし、衣装に着替え、いよいよ本番です!!

とその前に、個性豊かな衣装の一部を紹介させていただきます!!!!!🔥

赤いネクタイとサングラスがとってもお似合いのくぼちゃん。

発表会のためにチャイナドレスを購入したというなおねこさんと、これまたサングラスがお似合いのしまちゃん、赤いワンピースがとっても素敵なたてぃさん。

本番では、皆さんの歌声に圧倒され、私では考えつかないような表現に驚き、沢山の笑顔と元気をいただきました。一緒に歌うことができてとっても幸せでした!!!
本番後は講師の先生方から講評をいただきました。私も課題が沢山見つかって、もっともっと努力せねば、、と思いました。
後期の演目も発表され、10月からはいよいよ修了公演に向けてのお稽古が始まります。とってもパワフルで、面白くて、素敵な方ばかりのオペラ塾。今年度から新たに2人の個性豊かな塾生も加わって、今年は一体どんな作品になるのかなあと今から楽しみです!!
後期もよろしくお願いします🎶

ルドルフ組 in 岐阜県多治見市『バロー文化ホール』(7月20日):西田玲子

岐阜県多治見のバロー文化ホール 小ホールで、多治見おやこ劇場さんの公演です。


このお水に描かれているのは、うなぎとかっぱ様のハーフとも言われる【うながっぱ】多治見市のキャラクター。やなせたかし先生のデザインだそうです。


ご挨拶して、仕込みからお手伝いいただきます。

ルドルフは、小さなチームですから、運ぶのを手伝っていただくと本当にありがたい!

仕込みの途中にお茶場を通ると、なんと素敵!


たくさんの名物お菓子とこちらは、


ランチョンマット、コースター、キーホルダーなど、すべて手作りなのですって!

慎ちゃんが選んだのはこちら


今日の客席は満席!
終演後、送り出しに行ったらすごく皆さん楽しんでくれたようで、いろいろ感想を言ってくれたり、写真を撮ったり大盛り上がりでした。


おやこさんは終演後のバラシも手伝ってくださり、最後は記念撮影。


そして外に行くと、子供たちもいたのでみーんなで記念撮影。


たくさん元気をもらって明日は大垣、ゆず子さん凱旋公演です。

タング組 in 長野県茅野市『茅野市民館』(7月18日):中村響

茅野駅前にある茅野市民館にて、泣いても笑っても春の『タング』千穐楽を迎えました。


前日は仕込み!
ホール入りして、まず楽屋が広い!特に男性楽屋は2人なので、広々〜


今回の制作担当の梅さんも同行してくれて、搬入から手伝ってくれました!


順調に、どんどん仕込んでいきます。照明は高所作業台も使って、


ホールの床が黒いので、いつもなら青いビニールテープを貼るバミリは、見やすく補強して…


休憩も忘れずに。と、お茶場に行くと、差し入れのわらび餅があるとのこと!
どうやって食べるのかなー…

え、情報量…

スプーンを?冷蔵庫に??
何回も冷蔵庫と説明書きを往復して、、無事に謎を解き、美味しく食べられましたー!


舞台ができたら、お稽古。声の聞こえ方やピアノとのバランスを確認します。



公演当日!
茅野市立の9つの小学校合同で、午前は4年生、午後は5年生、それぞれ500名超の皆さんに観ていただきました!


集合写真はインスタにもあります

そして今回はお楽しみ、本編の後にアフタートークとして、生徒さんからの質問コーナーがありました。
たくさん手が挙がり、自分の学校の友達が差されようものなら大盛り上がり!
「これまでどんな役を?」「どうしてオペラをやろうと?」といった、まるでオーディションで聞かれそうな質問(?)から、「趣味は?」という質問まであり、興味津々に聞いてくれました。
「カレーは作れますか?」「スパイス勉強したんですか?」という質問には、『もちろん!バッチリ!』とは言い切れないところもあり、少し申し訳なかったかな…とも思いましたが汗


終わりは客席からみんなが歓声とともに手を振って見送ってくれて、思わず千穐楽の達成感を噛みしめるのでした。

梅雨明けしたその日から早くも香ってきた夏を感じながらバラして、
トラックは特急あずさとちょうど2ショットになり、


電車組はホームから会場を眺め、それぞれ帰路につきました。


あ、信州そばも忘れずに!


翌日、トラックから荷下ろし、洗車もして、旅もおしまい!

また何処かでお会いしましょ〜


お茶場の床貼り替え隊(7月19日):島田大翼



ここはこんにゃく座の稽古場にあります、お茶場と言いますか前室と言いますか食堂と言いますか、とにかくみんなの憩いの場であります。床にパンチカーペットが貼られてあるので古よりパンチルームという呼ばれ方をされたりもします。

たまに貼り直したりしてましたがもう随分と時が経ってヨレヨレになってきましたね。これをみんなで綺麗にしようという取り組みです。



まずは片付けから。お茶場にある机やら棚やらパソコンやら、とにかくスタジオの方に運び込んでいきます。私たちの暮らしを支えてくれている空間ですから、結構な物量です。



うわっ…お茶場の物多過ぎ…?楽譜やら食品やら書籍やら大量にあるので運ぶだけでも一苦労、半分大掃除状態です。十数年ぶりに見る物とかも当たり前のように転がってるのである意味恐ろしいですね。



これまで私たちの足下を包み込んでくれてありがとう。そんな感謝を込めながら容赦なくパンチカーペットを剥がしていきます。パンチカーペットも容赦なく埃で反撃してきます。



剥き出しになったコンクリートの床。扉の向こうの空間はエントランスとか呼ばれたりする空間、こちらも床のパンチカーペットを剥がして貼り替えます。大仕事なのです。



床がさっぱりしましたね。まだまだ作業はこれからです。



フローリング材。今からこれを床に敷き詰めていきます。



接着剤を床に塗っていきます。手早く仕上げるために塗る人数も大勢です。



接着剤を塗って10分経ったらこれまた手早く床板を貼っていきます。真剣勝負です。



端の方になると部屋の形に合わせて床板を切る作業も出てきて大変です。もう少しですね。



綺麗な床になりました。ごろごろしたくなりますよね。



物を戻して作業終了。なんということでしょう。ヨレヨレだったグレーの床がキリッとした木目調の床に。それでは最初の状態と見比べてみましょう。



あっという間のようですが、時計が物語るように12人で9時間もかかってます。みんなよく頑張りましたね。



エントランスの方も綺麗になりました。あちらはすこし明るい床板ですね。更に向こうの白っぽいエリアがいわゆる便宜上の土間です。ここまでは土足で、木目のところが土足禁止というわけです。よろしくお願いします。



さらについでに、台所の床板も貼り替えたうえにこちらは壁も貼り替えてしまっていますね。耐水性が高まりました。色々捗ることでしょう。



差し入れにいただいた労いアイスで本日の締め。お疲れ様でした。これからこんにゃく座の稽古場にいらっしゃる皆様、床が綺麗すぎてすみません。気兼ねなく踏みしめてやってくださいませ。

お疲れ様でした。

岡原真弓、沖まどか出演!『オペラってなあに?』(7月15日):沖まどか

南浦和駅にあるさいたま市文化センター多目的ホールにて。さいたま舞台芸術振興社団さん主催のイベント
『オペラってなぁに?
いろんな歌やお話をきいているうちに♡なんだかわかってしまうか~もね♡のコンサート♪』
でした(*^^*)

さいたま舞台芸術振興社団さんはこんにゃく座を、生の舞台をたくさんの人に、特に子どもたちや若い世代に届けたいと立ち上げてくださった団体で、前回は昨年の秋ごろ、『こんにゃくざのおんがくかい』の公演、そして終演後にソングのワークショップをやりました😊
ソングに少し触れてもらった前回。今度はオペラのことを……ということで、今回はオペラとは何ぞや?ってことが出来たらいいなというご依頼をいただき、岡原、沖、そしてピアニストの湯田さんと共に、レクチャーコンサートという形でやって参りました。

今回の会場はホテルの宴会場みたい☆
シャンデリアがキラキラです✨️
なんとお客様が80人近くいらっしゃる!
しかも当日券のお問い合わせもあって……なんと幸せなことでしょう。たくさんの方が興味を持って集まってくださったようでめちゃくちゃ嬉しいじゃありませんか(*≧∀≦*)
そんな訳で、椅子席とその前に子ども達用にレジャーシートで桟敷席を用意。

しっかりお稽古して
さ、サングラス😎?笑

はい。レクチャーコンサート、何をしたかと言いますと、ソング『はじめのことば』『ジャストマイサイズ』『ブルッキーの羊』を歌い、お芝居とオペラの違いについてオペラ『ピノッキオ』の中からひと場面観ていただき。
なんで大きい声が出るの?というところからこんにゃく体操をみんなで挑戦。
そして、来年はオペラ『ルドルフとイッパイアッテナ』を公演させていただけるということで、少し予告編をそして、その中から一場面をみんなでやってみる🐈‍⬛♪♪
盛りだくさんな内容ですwww
で、サングラスはなんでかっていいますと、岡原女史、デビルに扮します🐶そしてヒョウ柄の帽子をかぶってトラネコのイッパイアッテナ……迫力満点です(((o(*゚▽゚*)o)))

しっかりお稽古した後は控え室で休憩🍙
岡原さんが朝からおにぎらずを作ってきてくれました💕︎
そしてたくさん差し入れをいただき、ホクホクです✨️

受付まわりやらを担当してくださる方々と集合写真をパチリ📷✨

始まってみると、本当に幅広い年代の、いろんな方が集まってくださり、
ソングはじっくりと聞いてくださり、ブルッキーの羊で羊🐑役をやりましたところ、なんだかほっこりした表情になったり。体操もみんなでぶらぶらしたり腰回しをし。大人の方々のドロドロと体の中のものを流し込むイメージのぶらぶらや、ちっちゃな女の子が骨盤を落とすという体操で、素直にカラダの重みに任せてやれるのを見ると羨ましく思ったりでした。
ルドルフのコーナーでは、たくさんの人がこのお話を知っていると手を挙げていたけれど、すごく食い入るように物語の行方を見守って下さり、参加のコーナーではみんなで『あいうえおの歌』を歌って、文字も身体で表現して……時間が経つのがあっという間で、もっともっとじっくりやりたい気持ちもありつつ、わーーーという勢いで楽しく元気に盛り上がりました😆
子どもたちももちろんのこと、一緒に参加してくれていたお父さんお母さん、そして少し年配の方だって、みんな積極的に参加してくださっていたのがとても印象的でした✨
お見送りの時には色んな人が楽しかったと声をかけて下さり、元気をもらえました😄

埼玉在住の元座員の佳奈さんやさとみさんも来て下さり、心強いったらありゃしない💪🔥

チケットを取り扱ってくださっていた主催者の一人でもある南浦和駅の近くにあるSTAND COFFEEコトコトさん 一人一人に声をかけてくださり、たくさんの方が集まってくださったように思います。

来年の5月10日、オペラ『ルドルフとイッパイアッテナ』をさいたま市文化センター小ホールでやりますが、今日のことが繋がって、来年花開くといいなと思います😊

コトコトの素敵なギャラリーコーナーにて。来年もまたよろしくお願いいたします!