追悼コンサート(とみ)

病気と闘いながら、勢力的に演奏活動をされていました。
2005年の『森は生きている』新演出版の時、すでに病気と闘いながら、そんな事を少しも感じさせずに、一緒に旅をしました。

今日10月31日に、室内楽演奏会をやろうと府中のホールを予約していたのですが、都筑さんは今日よりも早くに旅立ってしまいました。

予約していた今日、仲間が集まってコンサートを開きました。

全てのプログラムが終わって、舞台にご家族が上がっていらして、挨拶をしてくださいました。

都筑さんのお父様が、集まってくれた仲間、聞きにきたみんなに感謝の言葉を語り、

最後にこれだけは言っておきたい

と言った事がありました。

『皆さん、生きている間に、好きだ。とか、愛してる。とか言ってください。
好きだ。とか、愛してる。とか、言ってあげてください。

生きている間にしか言えませんから。』

胸に染みた言葉でした。

都筑道子さんの人生の中で、ボク達はちょっとしか一緒にいられなかったけれど、ちょっとだけだったけれど、何かの縁があって出会って、一緒に旅をして、一緒に大事な時間を過ごしてきて、その都筑さんが亡くなって、その都筑さんのお父様が伝えたい事。

それを今生きている人達に伝えたくて、この日記に残しておきます。

都筑さん、また一緒にお酒飲みましょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿