「有難う宮崎空港」 (久司)

昨日の公演もその後の打ち上げも盛り上がって幸せな気持ち。今日は飛行機で帰京するだけなので、何となくのんびり。空港行きの電車に乗ると、そこにはマリしかいない。他の皆は一本前の電車で空港に行ってしまったらしい。(実はピアニストの真理子さんも同じ列車だったらしいのだが、その時は気付かなかった…)
電車の中でマリとおしゃべり。歌いたいソングの話なんかして盛り上がってたら、彦ちゃんから電話がきた。
彦「今どこにいるの?」
久「電車でそっちに向かってるよ」
彦「えっ?!今、真理子さんが電車から降りて集合場所に着いたとこなんだけど、どこにいるの?!」
外を見たらもう電車は空港に到着してた。慌てて降りようとしたら、ドアがプシューッと閉まってそのまま折り返しの運転を始めちゃった。
ゲゲッ、もと来た駅に逆走だよッ!あぁ、空港が遠ざかっていく…。次の停車駅ですぐ降りてタクシーで空港へ向かう。飛行機は10時10分発、今は9時55分!彦ちゃんからまた電話。
「私たち先に飛行機に乗っちゃうけど、カウンターの人が少しなら待ってくれるって言ってるから急いで来てね」
有難い!タクシー運転手さん頑張って急いで下さい!
タクシー運転手さん「荷物は私が持ちますから、とにかく急いでカウンターに向かってくださいっ。」
って何て親切な人なんでしょう。マリと二人で運転手さんにエールを送りつつ、時の経過におののき、空港に到着したのは10時5分!カウンターに駆け込むと係員のお姉さん
「すみません。たった今ドアを閉めてしまったんです…」
あ~しまった~ガッカリ。落胆してる僕たちにお姉さんは次の便のチケットを手配し、どうぞと渡してくれたのでした…
さてさて、いつまで落ち込んでても仕方ない。次の便まで三時間位あるので空港内を観光することにしました。


まずは宮崎県知事と一緒に


プロ野球団宮崎キャンプの応援企画ギャラリー、WBC優勝トロフィーなども展示!


杉の木アートギャラリー。こちらは好きな文字や絵が書けるボード。何て書いたかわかりますか?


穴があったら入りたい…


僕、木の人形だから居心地がいいなぁ


その他、宮崎在住の画家・松葉一宏さんの作品展を鑑賞したり、売店の試食コーナーで宮崎の特産品(地鶏の炭火焼や日向夏、マンゴー)を味わったりして空港を存分に堪能し、宮崎を後にしたのでした。
他のみんなには心配かけてスミマセンでした…

0 件のコメント:

コメントを投稿