ピノッキオ組北海道の旅その2(レイコ)

ピノッキオ組北海道の旅その1



次の日、

音更町から江別へ移動。

電車移動組の、のんびり10時出発に対し、
トラック運転の島田、西田は朝ご飯もそこそこに7時半出発。

町を出て高速に乗ったあたりからすごい横からの風。トラックは煽られまくり、横に流されないようにするのにハンドルを握る手が痛くなるほど。

山道に入り、トンネルを抜けると…


吹雪!

日高山脈恐るべし!
登るごとに吹雪はひどく、道もアイスバーンに。
すれ違う車もほとんどいません。

普通の人はこんな時にこんなところをわざわざ通らないのでしょう。

さすがに怖くて、緊張しながら運転していましたが、雪にも徐々になれてきた頃出会ったのは、


巨大な熊!

こちら、『アテンション ベアーズ』といって、
「運転中、気を抜くんじゃないぞ!」
と私たちの安全運転をサポートしてくださるありがたい熊さん。

前にも一度こんにゃく座の座日記に登場しています。
しかし、こんなに大きいとは!

「アテンション ベアーズ」様に言われたとおり、更に気を引き締めて運転した結果、日高山脈を過ぎて町に入ったときには、ヘトヘト。


疲れすぎたのと朝ご飯をあんまり食べれなかったので、お腹が…。


シュークリームとコーヒーでティータイム♪

トラックは無事に着きましたが、電車組が強風によるダイヤの乱れで仕込み開始には間に合わない!

この日は、いつもより仕込み時間が短い。

焦った島田、西田はホールの方にお願いして、昼ご飯もそこそこに早めに仕込み開始。

親子さんにも手伝ってもらって、みんなが到着する頃には搬入終了。

大急ぎで仕込んで本番。

移動のハプニングでハラハラしましたが、本番はバッチリ!

その後の交流会も盛り上がり、大変よい公演になりました。(交流会の写真は岡原日記に載っています。)
今年はあまり寒くないという北海道、それでもやっぱりなにかと移動は大変。

次は札幌です。


REIKO☆



ピノッキオ組北海道の旅その3



コメントありがとうございます。受験とはいつだって大変なものですよね!
そんなわけで東京タワーで昔見かけた土産物に貼りついてた言葉を贈ります!


努力と根性

最近のプリクラは目がたいそう大きくなるので顔が怖いです!ごめんなさい!


風邪ひかんよう頑張ってねー☆

0 件のコメント:

コメントを投稿