森組 in 千葉県南房総市『丸小学校』(2月29日):齊藤路都

文化庁シリーズ最終日。
最後は千葉の南房総。房総はあったかいだろうと思っていたら、天気予報どおり雨、ときどき雪とってもとっても寒い日でした。

どのくらい寒かったかと言いますと



半袖ガールの沖まどかが長袖を着て、



ジェットストーブで暖を取るくらいの寒さ。


寒さを振り切っていよいよラストステージの幕開けです。今日で、最後と思うと感慨深く、いろいろ写真を撮りたくなりましたので、本番前に「一枚お願いしまーす」
集まってくださった、理恵さん、うるおさん、花さん。



準備万端です。

この方は…



「女王陛下、そろそろお召し替えのお時間でございます。」


文化庁版[森は生きている]は子供たちもマツユキソウを咲かせてくれます。その一本を娘が摘み取るのですが、今回のマツユキソウと娘さん、そして四月の兄さんを写真におさめてみました。



小学生と一緒に歌う、[ソリの歌]は毎回どんな反応をしてくれるか楽しみです。今日は、高学年のコたちが、積極的に歌ってくれました。

本年度もたくさんの学校で[森〜]をやってきました。
たくさんの子供たちと[森へむかうソリの歌][十二月の歌]を歌ったことはとても楽しい経験です。

みんな本当にありがとう。またどこかでお会いしたいですね!


☆☆☆




0 件のコメント:

コメントを投稿