ピノッキオ in 青森県青森市『青森市民文化ホール』(3月5日):岡原真弓



あおもり子ども劇場さんは今年40周年!30周年の時に「ロはロボットのロ」を呼んで以来こんにゃく座を贔屓に思ってくださっている。



本番も勿論盛り上がったが、終わってからの交流会がめちゃくちゃ盛り上がった!



13才でロボットを見た男の子が23才の青年になっても「ぼくはロボットです!」を暗譜で歌ってくれた。
それに答えて、舞台監督で来ていた井村くんが「たったひとつ得意なこと〜」を熱唱(お箸をバチにしてリズムを叩きながら)
それに感動して青年は泣きました。それにつられて岡原も泣きました。

0 件のコメント:

コメントを投稿