森組 11月22日厚木第二小学校~旅を振り返って(熊谷みさと)

9月から続いた『森は生きている』A組でのツアーは、11月22日に、今年の旅の締めくくりを迎えました。




こんな可愛い緞帳のある厚木第二小学校で



最後の稽古にも熱が入ります。



思い返せばこのツアー、本当に色々なことがありました。

本公演の熱気冷めやらぬまま…息つく間もなく稽古が始まり、旅が始まり、




あまりの怒涛ぶりに気が遠くなったりしつつも、



ガマ侍に元気をいただき、



ふくちゃんは花に食べられたり



ザッキーも花に食べられたり



茂さんは食べてみようとしたり



なんだか双子のようだったり



思い出の小学校に行ったり



重鎮が並んでいたり



一両を埋め尽くしたり



補助席を埋め尽くしたり



天井が高すぎてびっくりしたり



勉強熱心で感心したり



山梨県の大石公園は



絶好のロケーションだったり。


そのほかにも、ハロウィンパーティーやディズニーツアー、冬の花火大会など、楽しいイベントが盛りだくさんの旅でした。

そして、そんなことよりなにより、この『森は生きている』が新演出になって初めての旅。
初めてのことがいっぱいで戸惑いもあったけれど、小さなお客さまたちの笑顔が、この新しい『森は生きている』を体育館でやることの意味を、教えてくれたような気がします。
文化庁の「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」に採択されたツアーでの、全校児童が参加する「森へ向かうソリの歌」は、本当に体育館全体が大きなソリになったようで、子どもたちが目を輝かせて歌う姿が私たちにもたくさんのパワーをくれました。


『森は生きている』は、12月もB組で旅をします。
来年3月には、またA組での旅もあります。
全国の小さなお客さまから大きなお客さままで、もっともっとたくさんの笑顔に出会えますように!




ありがとうございました☆

0 件のコメント:

コメントを投稿