ピノッキオ組 in 奈良県『耳成南小学校』(11月15日):佐藤 敏之

本日は生憎の雨、いっそう寒い仕込みとなりました。

洗濯&汗まみれの衣裳が乾いていないので…


さ、寒い~!扇風機の風で乾かします。

風に吹かれていっそう身体が冷えてしまった湯田ちゃん


ピアノと一緒にストーブで温まります。

本日はフロア公演。仕込みも順調に終わりました。


何か神々しい感じ…

本番前の稽古で身体を温めるべく動きまくるまくる~!

今日は2ステージ!張り切っていくぞ~


午前公演は1~3年生、元気いっぱいの子供達でした。午後の4~6年生は打って変わって静かに集中して観てくれました。
お化けに金貨とられるシーンでは『あ~あ』と思ったまま声にしてくれたり、休憩前のピノッキオが「オシッコ行っておこ」と言うやいなや『何でやねん!』と関西らしいツッコミを入れてくれたり、太鼓づくりの「このロバ幾らだ」の反応はまるで寄せては返す波のような子供達の声に圧倒されました!
それからピノッキオとお爺さんが♪人間の子に~♪と輪唱のように歌っていると『なれるっ!』と言う声が…これがウワサの[先回りツッコミ]か
他にも♪ここはクジラの~お腹の~♪『中っ』…さすがでございます!

本番中に何度も吹き出しそうになりました、有り難う~

そして今日で一旦こんにゃく座に戻るのですがまた来週奈良に戻って来ます!

待ってて下さいね~

0 件のコメント:

コメントを投稿