ピノッキオ組 in 茨城県日立市『日立市民会館』(6月23.24日):萩京子

2015年6月23日(火)

「ピノッキオ」組、ピアニストがいぐまゆこと井口真由子さんにチェンジのため、ゲネプロと本番を見るために日立市民会館へ。
登戸で拾ってもらって、座のハイエースに乗って行きます。
先日は、「ロボット」組のメンバーチェンジのため、こどもの森保育園でのゲネプロと本番を見に行き、その帰りは座のトラックに乗って帰って来ました。
私は本隊と別の動きをすることがほとんどなので、座の車に乗る機会があまりなく、座のトラックに乗ったのは30年ぶりだったかも!
「ロボット」の帰り道のトラックの道中も楽しかったし、今日の移動も楽しかったです。
7月に発売されるCD 「世界は劇場」の音編集が終わったので、その最終盤を車中で聞きながら(あまりよく聞こえなかったけど)、久しぶりの車移動を楽しみました。
これも3時間くらいの移動だったから楽しいとか言ってられるのでしょうね。

というわけで、日立市民会館に到着。
5~6年生の合同鑑賞教室で、24日と25日の2日間、各2ステージ、計4回公演。
今日はゲネプロです。


ホール入り口に開演中のランプ。珍しい!

日立の合同といえば、35年前に「あまんじゃくとうりこひめ」で来てます。わたくし、ピアノを弾いていました。

会場は広いけど、音の響きは悪くないです。
「ピノッキオ」組は、4月下旬からもう2ヶ月本番を踏んできているので、さすがにこなれて来てます。4時半ごろからゲネプロ。いぐまゆのピアノとの合わせを中心にチェックして、ダメ出しも7時ころ終了。

ホテルにチェックインして、みんなでいぐまゆ歓迎食事会に行きました。

24日(水)

8時にホール入り。8時15分から短いリハーサルをして、午前は9時半開演。


リハーサル、序の打楽器パレード

こどもたちは、始まるまではにぎやかで、始まったらぴたっと集中して見てくれました。
4つの学校から貸し切りバスに乗って来てくれています。
客席での先生と生徒のやりとりを見ていて、良い関係だなあ、と思いました。

お昼のお弁当を食べながら、楽屋でダメ出し。


原子力発電所から近い!


午後は13時半開演。
午後は6つの学校から集まってくれてます。
私は午前は1階後ろ、午後は2階後ろで見ました。
どの席でも見え方も音の聞こえ方もバランスが良くて、少し古いタイプですが、良いホールだなあ、と思いました。



出演者女子と男前女子スタッフ


出演者女子と男前女子スタッフと萩


明日もここで2回公演。

バラシもないので、みんなはおいわ神社(?)とかいうパワースポットへ行くとか。
私は日立駅に隣接している海に突き出たシーバーズカフェというところで一息ついて、帰途につきました。


海の見えるカフェからの眺め


音楽監督ほっこりタイムは、バナナアサイースムージーというシロモノ


萩京子

0 件のコメント:

コメントを投稿