オペラ塾前期 ソング発表会(6月26日):大久保哲

6月26日、本日は「オペラ塾前期・ソング発表会」がこんにゃく座にて行われました!

昨年までは、前期の発表会は7月末にやっていたそうなのですが、今年は一ヶ月早い6月末の開催です。
このように稽古期間がとても少ない中で、ひとりひとりが自分の選んだソングに真っ直ぐに向き合い、取り組み続けた結果、同じ曲目でも、全く違ったソングに仕上げることができました!

その稽古期間は、5月と6月の毎週日曜日で、週に一回2ヶ月で、お客様の前に立って拍手をもらえるなんて、本当に凄いことだと思いました。

こちらは、リハーサルの風景。



「白いクレヨン」の合唱稽古をしております。
それぞれが違う色の洋服を着て並んでいるようが、まるでクレヨンの箱の中のようですね!

ひとりひとりが高い目標を持って、ひとりひとりがしっかりと取り組んだからこそ、今回の成功があったのだと思います。

後期の発表会は12月の24日と25日、クリスマスとクリスマスイブです。
ここでは、こんにゃく座を代表するオペラ「森は生きている」を、オペラ塾バージョンで発表させていただきます。

クリスマスまでの半年で、どのような仕上がりになるのか……乞うご期待!!

0 件のコメント:

コメントを投稿