森組 in 三重県桑名市『大山田北小学校』(10月14日):熊谷みさと

先週の汗だくの日々が嘘のようにめっきり冷え込んできました。
空気がピンとする朝、やってきましたのは大山田北小学校。

ここ数年で児童数が激増したそうで、1年生は4クラス、100人!元気いっぱいです。
教室の数が足りなくなって、ピカピカのプレハブで勉強している学級もありました。

朝の稽古では、大体毎回、季節替えのシーンをやります。
娘さんがまつゆき草を摘むところでは、スタッフが子どもたちの代わりにペンやら何やらをまつゆき草に見立ててそれぞれ手に持って待っていて、どれを摘んでくれるのかなーと楽しみにしているのですが、今日は



舞台スタッフの河内さんが差し出したペンライトが選ばれ、摘んだ後には娘さんはマイクのように持って歌っていました。
私は5種類のペンを差し出したし、舞台監督の久寿田さんなんて自らをまつゆき草に見立てて全身を使いポーズをとってまでいたのに、河内さんに敗れてしまいました…無念。

そんなこんなで時間がないながらもしっかり稽古し、本日は2ステージです!

午前中は低学年、午後は高学年というスケジュール。
低学年は元気に楽しく、高学年は集中してしっかり観てくれていたと感じました。

今月は、裕加さんとゆず子、沖さんと私の、WむすめWキャストが週替わりに出演しますので、沖さんが出演の今週は私は制作マネージャーをやっています。
スタッフとして働く日は、公演の後に教室に帰っていく子どもたちの表情を見るのがとっても楽しみ。「おもしろかったー!」と笑顔で言ってくれる子、「ありがとうございました!」とハイタッチしていく子、真顔でカラスの真似をしていく子、「4月イケメン!!」と目をキラキラさせる子…それぞれの感情でいろんな風に公演を楽しんでいてくれたんだなあと幸せな気持ちになります。


今週も濃密な日々を過ごし、車両組を残してみんなは一旦帰京です。
そして来週はあっという間にゆず&ちゃみ義姉妹の最後の出演週!大切に、元気に、頑張ります☆☆

0 件のコメント:

コメントを投稿