森組 in 福井県三方郡『美浜中央小学校』(11月21日):熊谷みさと

秋の森の旅もラストスパートです。



紅葉と霧の美しい景色に心奪われながら、やってきましたは福井県。


宿に到着する頃には日が落ち真っ暗、出発するのは夜明け前でまだ真っ暗…海辺の宿にも関わらず全く景色を見ることなく出発です。



おにぎり弁当をまだ薄暗いロビーで黙々と食べる仕込みメンバー


さあ、今日は体育館公演!元気に参ります!



熱い心で燃え上がれ!赤組!



イナヅマのように光輝け!黄組!



ペガサスのようにかけ上がれ!白組!



大空にのぼる竜のように勝ち上がれ!青組!



団結!!



進んですれば仕事も楽しい!効率も上がるってもんです。素晴らしい目標です。


本日は児童参加型公演。
そしてしばらくネズミ組に出張していた哲くんが帰って来たので、稽古では久しぶりに篤史と哲による娘取り合いコント(?)が見られました。




寒すぎず、暑くもなく、なかなか良い環境での本番。こどもたちも集中して観てくれていました。


公演後には各教室に2、3人ずつに分かれて訪れ、一緒に給食を食べました。
私は1年生の学級にお邪魔したのですが、みんなとっても元気!班の子たちが一斉に誕生日を教えてくれて、みんなのお誕生日を言えるようになってしまいました。
習い事をいくつやってるとか、家から学校まではどのくらいの道のりだとか、どんどんいろんなことを教えてくれて、すごい情報量に面白くなりすぎてひーひー言っていたら、高学年の男の子が数人で勢いよく教室を覗きに来て、「四月!…いない!!」と言ってまた勢いよく去って行きました。どこの学校でも本当に人気な四月のお兄さんです。

各教室から戻ったら、うちのクラスでは何があった、どんな話をした…とまた盛り上がり、とっても楽しいお昼でした。

急いでバラしをして、今日のうちに帰京。なかなかハードな日でしたが、こどもたちにたくさんパワーをもらって、なんとも充実した心持ちで眠りにつく私たちなのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿