ネズミ組 in 岡山県倉敷市『児島文化センター』(11月22日):川中裕子

11月22日いい夫婦の日は、児島文化センターにて鷲羽高校の皆さんに観ていただきました。
この秋のツアー最後の公演です。
 岡山県内でも、ジーンズやデニム生地の生産が特に盛んなのが、井原市と、この倉敷市の児島地区だそうです。


 照明のケーブルを束ねる紐がデニム地!!!

 
 デニム地は丈夫だしなんだかお洒落に見えますね!

そして会館のすぐ近くには


旧児島駅があり、土日祝日には、このシャッターがあき、元線路があった風の道に続いているそうです。
「風の道」って素敵なネーミングです!!




 会館内では

真理子さんが頂いたカブニサブレ(カブトガニの形をしたサブレです)をもって嬉しそう♬


舞台袖では

ぎゃー!!!!おばけー!?!?

と思ったら、音響機器をセッティング中の彦さん。制作マネージャーの仕事をしながらの音響の仕事、いつもありがとうございます!!


楽屋では

梅さんが女子達の気分をあげるために、素敵な香りを振りまいています。


公演前にパチリ



舞台と客席も近かったので鷲羽高校の皆さんが、笑ったり泣いたりしてくださっているのをとても感じられました。


終演後も記念にパチリ



搬入搬出ともに、トラックをこんなにギリギリで並べたのです!!!

すごい!!!!

おぐりとてるて と ネズミの涙 の二本立ての秋ツアーでしたが、この秋のツアー、全員怪我なく無事に終えることができました。
大変だったけど、とっても楽しかった秋ツアーでした。
あとは、翌日元気にこんにゃく座に帰って荷物を降ろすだけです!!
もうひと頑張りです!!

0 件のコメント:

コメントを投稿