ロバ組 in 京都府長岡京市『長岡第三小学校』(11月​26日):壹岐隆邦

朝――とはまだ云えぬ、星がきれいに輝く残夜、冷え込む空気に急き立てられるように、ホテルを出発する。
この時間、車通りもまばらかと思いきや、大型トラックや夜行バスが途切れる事なく往来していてて、一行はその流れに乗って、オリオン座が沈む先へと車を走らせる。
目的地へ到着したのは、刻一刻と街の輪郭が顕になってくる、しののめどき。
誰かが口遊んだ。「あたらしい朝が来た――」


さあ、オペラ『銀のロバ』、9月末から始まった今ツアーも、いよいよ千秋楽を迎えます!



夜明けとともに仕込み開始。
体育館の隣のプールに朝陽影が乱反射して、館内には光のアートが映し出されていました。
惜しみつつもいつもの様に幕を降ろし、体育館を一日だけのオペラハウスへと作り上げていきます。




順調に仕込みは進み、最後に照明のシュート作業。
ようやく手慣れた頃には旅の終わり、という事はよくある事。
しかし、いろいろな条件の会場を経て、確実に力をつけています。
ギャラリーが狭いことくらい、何の問題もありません。


いよいよ開場。
入場してくる子どもたちの元気な声を聞きながら、メイクをして衣装に着替えます。
今日は特別にヘアメイクの妖精もやって来ました。


千秋楽、なんだか感慨も一入です。


そして、開演。
出演者は円陣を組んで発奮興起。
藍乃の前説があり、体育館の照明が落ちる。
伸さんが舞台を明るく照らして、いぐまゆさんがピアノを弾きはじめる。
"ものがたりは、旅をする――"



















何を持ってるのと質問を投げかける子、役者の視線の先が気になって思わず振り向いてしまう子、
ビールが本物かどうかで意見を交わす子、ココのせりふを真似して繰り返す子……
素直に笑ってくれたり、ピンとした空気を感じ取ってくれたり、とても良く物語を楽しんでくれたようです。
最後に手を振ってお礼を云うと、目を輝かせたり恥ずかしそうにしたりしながら手を振り返してくれました。

これで、今年度の『銀のロバ』全35ステージ――分厚かった旅のしおりの最後の1ページまで辿り着く事ができました。
ありがとうございました!
また来年も、この"ものがたり"は旅をしていきます――







【気分を変えて、おまけ】

「せっかくだから、京都公演の日、うちの店に寄れたら良かったのに」
とある夕食どきの、いぐまゆさんの一言。
……ん?
最終日は1ステージ……しかも11:30には終演するし……行けるんじゃないの?
ということで、お弁当を注文するのをやめて、すぐにバラシをして、
トラックにいぐまゆさんを乗せて出発!


向かった先は、大阪にある『カフェレストラン きたら』
そう、ここはピアニストいぐまゆさんのご家族が経営しているお店なのです。


お洒落な店内に迎えられ、8人揃って打ち上げ!


おすすめのスープカレーをいただきます♪

スパイシーな香りの中にゴロッとした野菜がたくさん、そしてクリームコロッケが入っています!
セットのサラダも新鮮で、
手作りデザートも付いてくる!

どれもとても美味しくて、あっという間に平らげてしまいました。

最後にみんなで記念撮影

ごちそうさまでした♪
他にも美味しそうなメニューがたくさんで、また行きたい!
皆さんもお近くにお越しの際は是非立ち寄ってみてください♪

0 件のコメント:

コメントを投稿