森組 in 宮城県柴田郡『船迫小学校』(12月21日):高岡由季

とうとう今期文化庁ツアー最後の学校です。

10:20開演ということで、前日に仕込みました。

元気に搬入!



// フォッフォッ \\


テキパキ組み立て!



// メリークリスマァス‼︎ \\

はい。



クリスマスウィーク始まりました。

26日までツアーが続く森組は、お仕事の時間を出来るだけ楽しく過ごそうと、みんなでサンタ帽を被って仕込みです。

すると不思議、



いつもの仕込み風景が、まるで子どもたちへのプレゼントを準備しているかのように見えてきますね!
いや、まさにその通りなんですよ。みんなに届けるオペラを、せっせと拵えるのです。
私たちは年がら年中、サンタさんのようなお仕事をさせていただいてるんだなと改めて幸せな気持ちになりました。

稽古前のミーティングも、大真面目にサンタ。



休憩中も、和気藹々とサンタ。



稽古も12月(つき)のサンタ。




え?もういい?飽きた?
残念。この祭りはクリスマスが終わるまで続きます。もうしばらくお付き合い下さい。



本番。



船迫小学校のみんなは、とっても楽しく観てくれました!
マツユキ草を咲かせるところでは、子どもたちみんな、むすめに「(自分のマツユキ草を)とってー」と声をかけてくれ、その優しさに胸がいっぱいになりました。
みんなで歌うソリの歌では、私たちが圧倒されてしまうくらいの大きい声で歌ってくれて、すごく楽しかったです。

これで、11月のはじめから始まった文化庁ツアーも千秋楽!!

それはもう、本当に、長くて、朝早くて、大変だったりもしたけど、ものすごく楽しくて幸せをたくさん子どもたちにもらった旅でした。
私たちのオペラで、子どもたちを少しでもワクワクさせられたなら、みらいを少しでもキラキラさせられたなら本望です。

たくさんお世話になった舞台スタッフのなるちゃんと、照明スタッフのかつらさんとはここでお別れなので、みんなで記念撮影をしました。



本当にありがとうございました!

残すところ、あと4ステージ!!

頑張ります!!

0 件のコメント:

コメントを投稿