ネズミ組 in 広島県福山市『広島県民文化センターふくやま』(7月25,26日):高岡由季

岡山県から、広島県の福山市にやってきました。



オペラ『ネズミの涙』中国地方ツアーも、残り11ステージとなりました。
福山での2公演は、
25日仕込み→本番、26日本番→バラしというスケジュールです。
今回も、搬入搬出と沢山の会員のみなさまに手伝っていただき、本当にありがとうございました。

素敵なうちわのプレゼントも!


可愛いイラストです。おっ父マンガン佐藤さんも大喜び!


今日はやけにミントグリーンのネズミTシャツを着ている人が多いですね。


哲くん、リンちゃんの衣裳にアイロンをかけてくれています。


洗濯機は楽屋の横のお風呂場に設置。よくある光景です。


稽古もしっかりやります。


舞台監督が小人になってしまいました。


稽古後、おっ父と、息子チタンと軍曹タングステンの共同作業。チンという楽器を台からぶら下げる紐を取り替えています。

無事に2回の本番とバラしを終えた後は、会員の皆さまと、ロビーで乾杯がありました。


少しの時間でしたが、会員の方々とお話できて楽しかったです。
『おんぼろバス』と『ぼくたちのオペラハウス』を歌いました。ありがとうございました!



お見送りのときにお客様たちがかけてくださる『楽しかった!』や『元気が出た』という言葉たちを胸に、あと9ステージ、頑張りたいと思います!!

さあ、これからまた倉敷市へ向かいます!
まだまだ続くよ、旅〜〜〜!!

0 件のコメント:

コメントを投稿