森組 in 島根県浜田市『浜田養護学校』(11月29日):鈴木裕加

今日は、海がすぐ近くに見える「浜田養護学校」にうかがいました。


体育館に入ると、、、
「何かある!」

でも後ろを向いているからはっきり見えない、、、。
二階に上がると
「面!」

これは、、、?

これはもしかしたら一ヶ月程まえにテレビで見た伝統芸能ではないだろうか?!

しかしこんなタイムリーなことってあるのかな。と思いつつ先生に聞いてみると、やはり私が見た番組で取り上げられていたお祭りではありませんか!
それは、地元の皆さんに愛される石見神楽!
その大蛇(おろち)とお面でした。

さて本番の客席は、高まる気持ちが声になり手拍子になります。かと思えば集中するシーンは静かに聞いてくれ、とても刺激的でした。

まつゆき草の咲くシーン、文化庁公演では娘が客席から1本だけ花を摘みます。
でも1本摘んだあと「この花も摘んで!」という強い強い気持ちが後ろから伝わってきて今日だけ2本摘んでしまいました。

花の主の笑顔はまつゆき草のように輝いていて感動してしまいました。

セットをバラシていると笛の音が聞こえてきます。
石見神楽の笛の音ですね。
伝統が愛され守られていてステキです。

おまけ
昼食会場に飾られていたまつゆき草&4月の兄さん

0 件のコメント:

コメントを投稿