おぐり組 in 島根県松江市『松江農林高校』(6月5日):島田大翼

こんにゃく座 おぐりとてるて 島田大翼 松江農林高校体育館

6月3日の昼に宿河原を出発、琵琶湖の近くまで走って1泊しまして6月4日の夕方に辿り着きました、島根県の松江農林高校でございます。『おぐりとてるて』史上2度目の体育館公演の時が来てしまいました。本番前日の16時から仕込み開始。

こんにゃく座 おぐりとてるて 西田玲子

体育館のステージは高さがおよそ150cm。なかなかです。というわけで今回は持ち込みの平台を低めに組みましてその上で全ての芝居をやるという、こんにゃく座では珍しいパターンです。たいへんなことです。



鉄の足を組んでいきその上に平台を並べます。今回は高さを鉄足に揃えるという試みで、およそ70cm高の舞台が組まれます。



木足も使って作られた張り出し舞台は広さが幅6間×奥行き3間2尺。もちろん最広記録を更新してしまいました。使用した平台は3×6が28枚、4×8が6枚、2×3が4枚です。



その上にパンチカーペットを貼っていきます。普段のホール版と場ミリがごっちゃにならないように、パンチカーペットを裏返しにして使っています。



うるお先輩特製の「脚光置き棚」みたいなやつが設置されます。これで舞台上をより広く使うことができます。



重いものを運びすぎてぐんなりしてきたようですね。そんなこんなで夜仕込みは終了、16時から21時まで頑張って、ほとんどの作業は終わりました。ホテルへ移動して一晩ぐっすり。

こんにゃく座 おぐりとてるて

6月5日、いよいよ本番の日です。8時30分からレンタルピアノが運び込まれます。調律を終えて、10時30分から舞台稽古。普段のホール版と異なる部分をテッテ的に当たっていきます。

こんにゃく座 おぐりとてるて

もう、とにかくみんなで頑張るしかないです。本番は13時30分開演。やはり本番中はとても暑かったのですが、皆さんとても静かに見てくださいました。

こんにゃく座 おぐりとてるて

生徒の皆さんも手伝ってくださって、片付け終えたのが17時30分。とてもとても助かりました、ありがとうございます。座員のみんなとても疲れたようですが、木が綺麗でよかったです。元気になれそうな気がします。



それから更に2時間かけて、岡山の津山までやって来ました。本日はこちらで一泊。「肉のまち」だそうで、みんなで肉を食べて疲れを癒し、明日はまた安全運転で帰りましょうね。お疲れ様でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿