森組 in 岐阜県関市『関市文化会館』(2月28日):小林ゆず子

オペラ『森は生きている』東京公演を終えた翌々日。。。
やってきたのは岐阜県関市!
オーケストラ版『森は生きている』ツアーのはじまりです!!

この関市文化会館での公演は、関市の市制70周年・合併15周年の記念公演です。こんにゃく座は50周年ですし、めでたいことづくしです✨

さてさて新しい作品のツアー初日というのはなかなか緊張します!出発前日にトラックの中身を整理したものの、4トントラックは2台ともパンパンです💦
どんなに中身はパンパンでも、朝日を浴びて清々しい顔つき。2台一緒に旅をすると、なんだか嬉しくなってすぐ写真を撮ってしまう私です。
舞台装置は旅がしやすいように、そして積み込みがしやすいように、工夫して作ってくれてます。これから何十回、いや百回以上?組んでバラしてをする装置たちです。改めてこれからよろしくと言いたくなります。
こちらでは舞台部が何やら削っています。何かを軽くするため?旅中も今後のツアーに向けて日々工夫の連続ですね。
朝から仕込んで、この日の夜は少し場当たり。
これは楽器係のまどかさんがオケピットから撮影!普段あんまり見ない景色なので、オケピットの中からの舞台、ちょっと楽しい♪

そして2月28日。いよいよツアー初日。
朝から役者は袖に集まってます。
なにかというと。。。早替えの場所取り相談会です。早替えはセッティングが全てですからね。明るさや場所など、各々よきところを喧嘩にならないように確保していきます。
楽士様は楽屋でアップ中!?
写真撮りたいというと改めてポーズしてくださいます。本当にみなさま素敵な方々です✨

寺嶋さん楽士さんも入ってお稽古。ツアー初日ということで、萩さん岡原さんもかけつけてくれました♪
パブリックとはまた全然違う響き。
空間が変わりまた新鮮な気持ちになります。

個人的なことですが、今回の公演は私の担当公演ということで、朝から?いや数日前から?緊張感マシマシでした。でもこうやってみんなでお稽古しだすと落ち着くというか、ニュートラルになるというか、このチームの森を届けたい、そんな気持ちになります。

この公演が決まった時は、まだこんな世の中になるとは思ってもいなくて。。。去年の今頃から様々な公演に制限がかかり始め、もしかしたらこの公演も出来なくなるのかも、と不安に思っておりました。

公演が出来る幸せを噛み締めてきたこの1年。今日も客席はソーシャルディスタンスを保つため、約50%に制限されてはいましたが、それでも本当にたくさんのお客様に見てもらうことができました。最後にいただいた拍手、忘れません。
見に来てくださったみなさま、そして公演を実現させてくださった主催のみなさま、本当にありがとうございました。

50周年を迎えた私たちの旅公演初日!無事に終えることができました。ここからまた、1歩1歩公演を重ねていけるように、こんにゃく座、頑張っていきたいと思います。

さて少しお休みして、ツアーは福岡、広島と続きます。このメンバーで公演出来るのはあと3公演。大切に大切に届けたいと思います♪

そうそう!
今回のツアーメンバー紹介ですが、だいすけさんが素敵な写真を撮ってくれました。
気づいたら搬入口が写真スタジオに!!凄すぎます✨こちらも見てね♪

0 件のコメント:

コメントを投稿