アルレッキーノ組 in 静岡県静岡市『静岡市清水文化会館 マリナート』(7月21日):富山直人

〽︎旅ゆけば駿河の国に茶の香り
(ご存知『清水次郎長伝』から、石松金比羅代参の一節)

静岡を旅するアルレッキーノ。
今回のツアーでの私の役目のひとつはワゴン車の運転手。楽士様&諸先輩方を目的地まで安全にお連れすることです。
今日は浜松から約100km。
これを縦方向に行くと大気圏を抜けて宇宙空間に出ようという距離。これを横方向、東へ向かって1時間半、やってまいりました清水区。
清水市民劇場さんにお世話になります。
楽屋に入ると、メッセージボードがお出迎え。
前回の『まげもん』は2017年7月19日。
美味しそうな差し入れがたくさんありました。ありがとうございます。
照明スタッフさんイチオシがこれ。
うん、うまい。これはお酒が欲しくなります。
静岡は酒どころでもありますね。
磯自慢、喜久酔、開運、志太泉…美味しいお酒が色々あります。
ここ清水は臥龍梅。
美味しいものをいただいて、美味しいお酒は後の楽しみにとっておいて。

舞台に集まって、いつものように稽古です。
毎回同じ場面を稽古したり、気になった場面を抜き出して稽古したり。
細部にまでこだわります。

稽古の後、今回の運営サークルのみなさんとご挨拶。
いつもだと、終演後ロビーでお見送りが出来るのですが、残念ながらこのご時世ですから。
高校生の会員さんもいらっしゃるようで、幅広い年齢層ですね。
舞台を楽しもう、という熱が客席から伝わってきました。
私たちの熱も伝わったでしょうか。

普段から饒舌な私たち。
ノイジー・マイノリティなんて言葉がネットでチラッと話題になってましたが、私たちの場合はノイジー・マジョリティ(お喋りな多数派)かもしれません。
感染症対策はしっかりと。
本番終了後の搬出は、市民劇場のみなさんのおかげでツアー最速だったと思います。

清水市民劇場の皆様、今回3連続クリアで迎えていただきまして、誠にありがとうございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿