アルレッキーノ組 in 静岡県沼津市『沼津市民文化センター』(7月30日):高岡由季

ついにこの日を迎えてしまいました。
アルレッキーノ静岡ツアー千秋楽です。
終わりたくな〜い!と思っていても時の流れはそれを待ってはくれません。

次、アルレッキーノが公演できるのは何年先になるかわかりません。全てがメモリアルです。
最後の仕込み
最後のバランスとり
最後のリボン結び
最後の髪結い

全てを噛み締めていかねばなりません。

そして今日は更なるハッピーメモリアルがあったのでした!!!
おや?照明チーフの曽根さんが、見慣れない照明を仕込んでいるぞ…?なんのあかり…?

最後の稽古前のミーティングが始まると、突然始まった楽士たちの豪華なハッピーバースディの演奏!そして紫色のあかりに染められたカーテン!真ん中に立つのは…
今回、制作で旅を先導してくださった相さん!!
前日の7月29日に、お誕生日を迎えられたのでした。
曽根さんがネタを切り出して、こんなにアイさんへのアイのこもったあかりが文字になって現れました。
みんなで相さんを囲んで記念撮影♪
壁一面の照明飾りを見たいかたは↑写真をクリック!

本番前には、またこのメンバーで集まれたらという思いも込めて出演者だけでも記念撮影を。
そして千秋楽。いつもどおり、ベストを尽くしました。
みなさん楽しんでいただけたでしょうか。楽しい時間を過ごしていただけていたら幸いです。
カーテンコールではこんな嬉しい横断幕を掲げてくださいました!
『千穐楽おめでとうございます』『静岡公演ありがとうございました!!』とのメッセージ。
こちらこそです!こちらの方が感謝を伝えたいです!と叫びたかったです。
本当に本当に、こんな社会情勢の中、対策を尽くしてオペラを楽しんでくださるみなさまがいるからこそ、私たちはここでふんばって皆様に全力を尽くすことができます。
ありがとうございます。
これからも、私たちのオペラを楽しみ求めてくださる方がいる限り、果てない芸の道を邁進して参ります!

それでは、またアルレッキーノの世界で新しいお客様に出会える日を願っております!

0 件のコメント:

コメントを投稿