さよなら、ドン・キホーテ!劇場日誌(9月14日):田上ナナ子

本日、9/14(火)、公演の地・吉祥寺シアターへやってまいりました!
今日から4日間の仕込、舞台稽古を経て、今週土曜日、18日に初日の幕が上がります!

吉祥寺シアターでの公演はこんにゃく座にとって三回目。
舞台と客席一体感のある劇場で、座員の間でも大好きな人の多い劇場です。
稽古場では仮道具を立て込み稽古をしていました。
そして今日、劇場に本番の道具がやってきました!
これまで美術模型で見ていた世界が、具体的に目の前に立ち上がっていきます。
わくわくする瞬間です!
衣裳部の三人は楽屋で、こんにゃく座で最近はじまった“楽屋のゴミ箱を新聞紙で折ったゴミ箱にする活動”を静かにおこなっております。
無駄がないのはもちろんのこと、昨今の状況を考えると、衛生面でも大変優秀です。

こんにゃく座主催公演では、原則当日券を用意するようにしていますが、本公演では緊急事態宣言延長にともない、前売り券の売り止めと当日券の販売ができないステージがあります。
Twitterやホームページ、Facebookなどでも情報を発信していきますので、観劇をご検討いただいている方はご注意ください。

明日は舞台稽古。本番の舞台装置、稽古場ではなかった照明が加わります。
このコロナ禍にこの作品を上演することの意味を改めて考えながら、初日へ向けラストスパートです!

0 件のコメント:

コメントを投稿