ネズミ組 in 鹿児島県鹿児島市『鹿児島東高校』(12月22日):高岡由季

鹿児島へやってきました。桜島を望める、少し高いところに建っている鹿児島東高校の体育館が本日のオペラハウスです。
鹿児島東高校のみなさんと、鹿児島高等特別支援学校のみなさんに観ていただきます。
体育館公演の朝は早いです。
まだ朝日が桜島のうしろに隠れているうちに学校へ到着しました。寒いです。早く出ておいで!
搬入開始。マスクの中が水滴でいっぱいになります。
高校生たちがたくさんお手伝いに来てくれました。ありがとうございました!
高岡由季 日の出
搬入が終わり、仕込みを始めたころにやっと朝日が昇っていました。
額縁に納められた絵ではありませんよ。体育館の窓から見える景色です!
ネズミの体育館公演では、ステージと同じ高さに平台を組んで、演技エリアを広くします。はりだしというやつです。
これがかなり厄介ですが、このおかげでお客様の観やすさがぐんと上がります。
照明の仕込みがひと段落して、待ち焦がれたお日様のひかりを背中に浴びて温まっているうるおさん。
仕込みが少し落ち着いてきたころ、特別支援学校の、"接待・接遇班"のみなさまがコーヒーを淹れて私たちを「おもてなし」に来てくださいました!!
コーヒーの良い香りに誘われて、座員が集まってきました。
鹿児島高等特別支援学校の生徒さんは、木工班や食品加工班など、全部で8つの作業班に分かれて、社会へ出るためのさまざまなことを学ぶのだそうです。
美味しいコーヒーにほっこりするみんな。本当に美味しかった。接待接遇班のみなさんで豆をブレンドしているんですって。すごい!


そして仕込み終わり稽古です。
久しぶりの体育館。時間のゆるすかぎり稽古します。
客席から見え方や声とピアノ、太鼓の聴こえ方をチェックする北野氏。


そして、本番。
生徒さんたちはかなり真剣に、純粋に、いろんなことを感じ、観てくれていたような気がしました。

終演後は、生徒代表さんのお礼の言葉と花束、そして更に木工班と食品加工班のみなさんから、木の手作りコースターと、焼きたてのパンのプレゼントが!!
こちらはコースター♪
可愛い!!愛用させていただきます❤️
パンは、爆速でいただいてしまったので写真を撮り損ねてしまったのですが、本当に本当に美味しかったです。
搬出もたくさんの生徒さんにお手伝いいただき、最後にお礼とご挨拶をしてお別れしました。

本当に、ありがとうございました!

0 件のコメント:

コメントを投稿