小田藍乃 出演!『フィガロの結婚』(12月23日):岡原真弓

カンタンテリリカ主催のオペラ「フィガロの結婚」を観ました。我らが座員の小田藍乃がモーツァルトに扮して進行役をやるという。
そして、我らが舞台監督の八木清市さんが演出をやるという。


三鷹市公会堂って、あら?そうだわ、私のこんにゃく座、本公演初舞台の白墨の輪をやった所ではありませんか!それ以来初めて?そんなことないか。
とにかく、あの頃の苦い思いを思い出しながら、開演を待ちました。


あいのはママになったとは思えないピュアなモーツァルトくんで、可愛らしかったです。
八木さんの演出もお洒落でした。
何より、出演の歌い手もオーケストラもアマチュアだそうで、それが、なんとも言えず感じ良かったです。我がオペラ塾でもフィガロ出来るか?とか、色々思いながら楽しみました。


明日24日はソリストはプロにチェンジしての公演です。

0 件のコメント:

コメントを投稿