ロボット組 in 栃木県鹿沼市『鹿沼文化センター』(6月15日〜17日):冬木理森

栃木県鹿沼市にやってきました!
ツアー唯一のホール公演で、ホールでの通し稽古を含めて3日で6ステージというちょっとした山場です。


仕込みの様子。
舞台部のお仕事で、地絣(舞台の床面に敷きつめる布のこと)をみんなで広げる瞬間は、ちょっと特別なかんじ。
体育館だと大黒幕を上げる時とか、ダイナミックで燃えますね。


良いステージになるよう開場前の祈りの儀式。



今回は「かぬま・文化振興財団」主催の公演で、鹿沼市内の小学校高学年の子どもたちに観ていただきました。
子どもたちは、それぞれの学校からバスに乗って公演を観に行くのが、とても楽しそうな様子で
開演する前から場の期待感が高まっていました。

まるでライブ会場のように歓声が上がり、上演中も拍手・手拍子の嵐でした。
鹿沼市の子どもたち、なんてノリが良いんでしょう。ありがとうございました。



2ステージが続くので、衣裳のお洗濯も大変そうです。
なるほど、布団乾燥機をこういう風に使うのですねえ。
敏腕制作マネージャーの裕加さんは、臨機応変に他の部署のお仕事も手伝ってくださいます。

影アナ嬢までしていました。
大人っぽい声で、最初誰だかわからなかったです。
(いつもはホワッと癒し系なので)


大盛況で嬉しそうながら、身体がバキバキの佐藤さん。本当にお疲れ様です。




おまけ。
ホールから少し離れたところに大谷石の採石場跡「大谷資料館」があります。アドベンチャーな世界を散策してきました。
地下30m、東京ドーム大の巨大地下空間。
今は映画の撮影やコンサート、展示等で使われるアートな場所でもあります。
地下の気温は6,5℃!涼しいを通り越して寒い!
これからの避暑にいかがですか?

0 件のコメント:

コメントを投稿