29時間後。(とみ)

更新が遅くなりまして、申し訳ありませんでした。

ただいま、金沢のホテルにおります。
帽子の社長さんでおなじみの…。最近、耐震なんとかがナントかだったみたいで帽子を脱いでナントかなさったとかいう…。

閑話休題。


さて。

新潟は朝から風がびうびう、ごうごう吹き荒れておりました。
電車は止まっていたので、タクシーで巻町へ。
海岸沿いを走ると、これまたスゴい風!
風とともにスゴい砂!
自然の厳しさを実感しました。
この厳しい自然の中に昔から生きている人達がいるんだな。
春を待ちわびる…、春の喜び、なんて事を思いました。
そういえば、砂防会館、ってあったなあ、とか思い出したりして…。

巻ん子たちは元気でした!
全校で60人ほど。
体育館にまで風の音が聞こえてくる中、まつゆき草が咲きました。
まつゆき草を積む娘の息が白くなっていました。

それを見ていたら…、(以下、略)

今日の本番は色んな事が起きました。

娘が兵士と出会う場面で、娘(ちなみに、福井でボクの弁当を食べたのは、この人です)が、
「今ここで、ウサギとリスが鬼ごっこしてたのよ」
と言う所を、
「ウサギが鬼ごっこしてたのよ…、
ウサギと!」

と言ったり、

巻出身の二月の精が、唯一アドリブを任された場面で、巻弁を喋ろうとして噛みまくってしまったり、

終幕でAさんが着替えの衣裳をトランクに用意し忘れて、終曲を歌いながら舞台裏へはけたり…。

鈴が舞台下に落ちてしまって鈴を鳴らせなくなった女王(落としたのは廷臣たちです)が、
「ちょっと!」
と廷臣たちを呼んだり。

細かいトラブルを乗り越えて本番を乗りきりました。

晴れた、と思ったら、曇って、雪が降って、また晴れて。
ころころ変わる天気の中、バラして金沢へ!
「気を付けてな…」
と、校庭の二宮金次郎像。

で、高速道路。
トラック助手席から見えるのは、こんな景色です。
横風がスゴくって。
降る雪が風で波立ってるんですよ。
まさに『森は生きている』の世界。

運転手のトシ様が横風と悪戦苦闘してる間、ワタクシは助手席で爆睡してました(笑)。

(笑)じゃないって!

富山県を過ぎて石川県に入ると、雪もなく順調でした。

夕方6時半に金沢の小学校に到着。
そして、仕込み開始。
夜9時終了。
タクシーでホテルへ。
明日は朝と昼2ステージ。
その後、京都へ移動です。

朝8時、ロビー集合!
おやすみなさい!








0 件のコメント:

コメントを投稿