よだか組 in 宮城県仙台市『鹿野小学校』(5月28日)その2 :佐藤久司

さて、公演を楽しんでいただいた後、鹿野小学校ではスペシャルイベントが用意されていたのです。

それは5、6年生の皆さんとの交流コーナー!
児童のキャリア教育の一貫としていろんな職業の人と交流させたいという、先生方の熱意から生まれた企画です。


まずは、質問タイム。
「結婚していますか?」
「給料はいくらですか?」
という現実的な質問や
「好きなスポーツはなんですか?」
「スギちゃんは好きですか?」
というかわいい質問もあり、
「この仕事をしていて良かったと思う時はどんな時ですか?」
という核心に迫った質問も出て、約20分の時間があっという間に過ぎました。

その後、5、6年のそれぞれのクラスに僕たちが別れ、一緒に給食を食べたり、歌をうたったり、こんにゃく体操をしたり、サインを書いたりして、各々楽しく過ごしました。(給食を食べたばっかりなのに、皆おおはしゃぎでぶらぶら体操をするんで、腹の中は大丈夫かなとチト心配になっちゃいました(^_^;))


こうして鹿野小学校の公演は幸せに幕を閉じ、その夜はお世話になっている佐藤先生、今回の担当の鈴木先生、よだかの星に思い入れのあるおがた先生と祝杯をあげ、大いに盛り上がったのでした!(*^o^*)


またひとつ、いい出会いがありました!次にお会いできるのを楽しみにしてます!!

0 件のコメント:

コメントを投稿