ピノッキオ組 in 島根県松江市『法吉小学校』(6月19日):佐藤久司

「とあるオペラ歌手は朝起きたら3時間は喋らないようにするそうです。」

そんな会話があったからか、それとも松江での二日間の空き日の遊び疲れからか、はたまた今日の2ステージのためにエネルギーを保存してるからか、今日の仕込みは誰一人口をきかず黙々と仕事をしています…

法吉小学校の今日は台風の影響であいにくの雨模様ですが、さほどひどくはありません。暑くないのでピノッキオ日和かと思いきや、湿度は高いので汗はやっぱり出るのでした💧

さて、1ステージ目が終わり今日の昼食会場の会議室に入ると…


なんかボクたちみたい☆

そしてご飯を食べていると、突然

♪かみかみかみかみかみかみかみかみかみかみ王子〜♪


という歌が校内に流れはじめました。
この口が回らずカミカミになりそうなうたは一体…!?

ということでピアニスト真理子姫が調べると…



どうやら歯医者さんが作った食育のうたのようです。よく噛んで食べようという。思わずエンドレスで口ずさんでしまう楽しい歌デス♪

さて、楽しいお昼のひと時を過ごした後の2ステージ目には、今やこんにゃく座松江支部局長と名高い戸田稔子さまがお友達を連れて観にいらっしゃいました。二年前にプラバホールでピノッキオを観た金山さんのお嬢さん(当時二歳!)が、なんと内容をちゃんと覚えていてくれていてビックリ!

「ピノッキオは人形だった?人間だった?」と質問すると、
「人形。でもほとんど人間と同じ」

うーん。深いかも…


今日の公演は子どもだけでなく、先生方の笑い声も頻繁に耳にしました。特に敏之じいちゃんのネコの名古屋弁がウケていたようです♪担当の藤井先生も大喜びで、音楽の授業でピノッキオを歌いたいっと熱く語ってくださいました。


担当の藤井先生と一緒に❤️

公演後は戸田さん一家とそのお友達の古川さんとご一緒に鳥鍋屋さんで打ち上げました〜


美味いっ!いくらでも腹に入る〜(*^o^*)」

こうして5月に引き続いての島根公演・第二段初日も楽しく過ぎていくのでした🌙

0 件のコメント:

コメントを投稿