ピノッキオ組 in 福岡県福岡市『小田部小学校』(11月15日):佐藤久司

今日は福岡県の小田部小学校にやって参りました。
小田部小学校はおととしの秋にも「よだかの星」で伺いました。PTA主催の企画で、会長の緒方淳一さんはじめ沢山の方が、こんにゃく座をぜひ!ということで、今回再び公演する運びとなりました。本当に有難いことです!!


PTA会長の緒方淳一さんです。なんと朝7時から僕たちと一緒に仕込みの手伝いまでして下さいました。有難うございました!チューバを演奏する芸術家でもあります。


PTAの皆さんと集まって今日の打ち合わせ中。初めてこんにゃく座のオペラを観る方もいて、盛り上がっている様子です。

そして本番。ピアニストの湯田ちゃんの感想。「金貨を入れるたびに、子どもたちが『あっ、あっ、あ〜っ』とハラハラしたり、おもちゃの国で『こわい〜』という声が上がったりしたところは、私の夢にみた反応で嬉しかったよ〜」

公演後、PTAの皆さんでバラシも手伝ってくださり、おまけにお土産までいただきました!感激です!


「博多通りもん」をなんと一人一箱ずつ、全員にです!嬉しいですっ。有難うございますっ。(≧∇≦)


最後に、皆さんと一緒に記念撮影会です。

この素敵な看板も手作りです。凄いっ!愛情が沢山詰まってます(T∇T)


素晴らしい思い出を有難うございました。今度の12月16日に、またこのメンバーは「森は生きている」で福岡に伺います。その時、再会するのを楽しみにしています。(^o^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿