ピノッキオ組 in 東京都中央区『常盤小学校』(11月2日):佐藤敏之

さぁ〜今日も5時に起きて、トラックを転がして、本日の公演地[常盤小学校]へやって参りました〜



着いてみたら…おやおや〜何か厳かな感じの門でございます。



ふとその脇にあるプレートを見ると…



な、なんとっこの学校は国の大切な遺産に指定された建物ではありませんか〜

そして中に入って校舎を見上げると…



なる程〜創立140周年の文字が。納得です。

小ジンマリとした講堂の仕込みを手早く終えて本日の舞台をパシャリ



趣のある赤い緞帳が本日の舞台の背景となります。
今にも本当に人形芝居が始まりそうな雰囲気にワクワクします。



仕込みが終わってホッと一息お茶をススるの図であります。

さぁて本番です。
毎度の事ながら子供達の合いの手というかチャチャに笑いをこらえるのに必死!
本日の僕のナンバーワンは、休憩中に楽屋に何やら歌声が…

なんちゃらかんちゃら〜♪

こ、これは休憩直前に唄う首を吊られたピノッキオの歌だっ!
これは笑うを通り越して感動でしたっ
本当に一所懸命観てくれて有り難う〜
感激のジェペット爺さんでした!

明日からしばしのホリデー。
とことん眠るぞ〜!!


佐藤'ジェペット爺さん'敏之

0 件のコメント:

コメントを投稿