よだか組 in 愛知県春日井市『坂下小学校』(5月28日):佐藤 久司

今年度の うたものがたり「よだかの星」の旅公演が始まりましたーっ!

とはいえ、ついこの前の3月に公演はしてましたが…でも!その時の会場は全国のホール。
今回は学校の体育館公演がメインなんで、また気持ちが一新するんですね〜…いやいや!シーズンごとの旅公演が始まる度に、気持ちは一新するのだーっ!…そうじゃない!!一回ごとの公演で気持ちは一新するのだーっっっ!!

とのっけから勝手に興奮してすみません。
そんなこんなで初日の今日は愛知県春日井市の坂下小学校にやって参りましたーっ!


今年度も気合い入れていくよん☆

今回は制作マネージャーとして大久保藍乃ちゃんが初参戦。


照明操作もしなくちゃいけないので、真剣顔デス( ̄∀ ̄)

本番は楽しんでいただけたようです。
本編とは関係ありませんが、朋ツンを見て、「中学生がまじってる」と呟いた子がおりました。(まだまだイケてますね〜朋ツン)

今日のお昼は給食です。

愛知県産焼きのりとアシドミルクというヨーグルトが目をひきます。


他のメニューは具沢山のきんぴらごぼうにエビの天ぷら…ん?のりがちょっと大きい…これはひょっとして…


自分でつくる天むすだーっ!


気がつかなかった…

学校の先生から冷たい緑茶のペットボトルを差し入れしていただきました。有り難うございます!

さらにさらに、梶田仁子先生から飲み物や食べ物の差し入れもしていただきました!!


梶田先生は数年前に春日井で公演した「夏の夜の夢〜嗚呼!大正浪漫編」も観て下さったそうです。感激!

かくしてよだかの初日、幸せに過ごすことが出来ました。

次回公演は東京。どんな出会いがあるか、楽しみです〜

0 件のコメント:

コメントを投稿