2013年春夏ピノッキオ組メンバー紹介

紙コップの絵は川中画伯が描いたもの。
ただし、川中裕子の絵は岡原画伯による。
そして、佐藤久司の絵は本人がこっそり目を整形していた。

岡原真弓・・・大工、キツネ、太鼓職人 e.t.c.

〈大阪の人〉キツネの時の関西弁は、本場の人にしかない雰囲気で圧巻。ホテルなどで何かお願いしたい時は、彼女にお願いすると、ほとんど叶う!


佐藤敏之
・・・ジェペットじいさん、ネコ e.t.c.

〈新潟の人〉新潟はお米がおいしい。なのに、彼はよくピンクとかミドリの菓子パンを食べている。小さい時にお米を食べすぎたのだろうか…。


佐藤久司
・・・ピノッキオ

〈秋田の人〉秋田の人は、日本一お酒が強く呑む量も多いらしいが、彼がお酒をあびている姿を見たことがない。もしかしてしこたま呑めるのだろうか。そういえば、なまった言葉を使ったのもほとんど聞いたことがない。ぜひ聞いてみたい。


太田まり・・・農夫、女神 e.t.c.

〈愛知の人〉共演者に良くからかわれたり、突っ込まれたりする彼女はいつもは「あははは〜♪」と言った感じだが、時々驚くほど面白い返しをする。
愛知の人は空気を読むと聞いたことがあるが、まさかここぞというタイミングをはかっているのか…?!


湯田亜希・・・ピアノ e.t.c.

〈東京の人〉東京の人の特性かどうかは定かではないが、サザエさんをこよなく愛し、寝る前には必ず読むらしい。父親が鹿児島出身で母親が北海道出身のせいかなんとなく訛りがある。


石窪 朋・・・舞台

〈北海道の人〉北海道では節分の豆まきでは落花生をまいていたので、落花生の殻をむくのがうまい。それにじゃがバター塩辛にこだわる。


川中裕子・・・制作マネージャー

〈島根の人〉気の利く働き者の彼女はとにかく反応が早い。探し物をしていても「あそこにありますよ〜」とか、先輩のツッコミにも素早く切り返す。島根の人は動体視力がいいのかもしれない。


小林ゆず子・・・なんでもする見習い

〈岐阜の人〉岐阜の女性は忍耐強く働き者らしい。確かに彼女は来るといつも壊れた小道具などを根気強くチクチクチクチクずっと直してくれている。それに天気を操る。彼女がくる公演は必ず雨が降る(笑)。

0 件のコメント:

コメントを投稿