ネズミ組 in 山梨県都留市『都留高校』(10月18日):花島春枝

本日は宿河原の稽古場から、山梨県都留市へと出発。
今回は4トントラックに富山くんと、高野さんと、わたくし花島の3人で乗車。満員でございます。

今回うかがう都留は、かつて郡内地方の産業や文化の中心として栄えた地だそうです。
萩さんのオペラ『好色一代男』は井原西鶴原作ですが、その作品中に『郡内縞』という甲州の絹織物が登場します。
江戸でも有名な織物だったそうです。

さて本日の宿へ到着。トラックを降りるとびっくりするほど寒い!!
そうです、周囲の山々から冷たい風が降りてくるので、この辺りは冷え込むのだそうです。
さっそく本日宿泊のスターランド(健康ランド)の「アルカリイオン風呂と漢方風呂と近坂の湯」で、明日のためにゆっくり温まりました。

翌朝は7時にチェックアウト。
都留高校へ向かいます。

今回は体育館での『ネズミの涙』公演。そしてなんと体育館は3階!!にあります。
7:30~8:00の30分間、図書委員の生徒のみなさんにも、舞台装置や照明機材、衣裳などの荷物を一緒に運んでいただきました!
朝早くから重い物を一緒に運んでくださって、ありがとうございました!!
本当に助かりました(^O^)

今回は体育館のステージがちょっと狭いので、前の部分を張り出して広くします。
そのための部品が並べてあります。これを組み立てた上に、木で出来た平台を載せると、舞台が大きくなるのです。



爽やかに荷物を運ぶ、北野くん、さとみちゃん、富山くん



もうギブアップ!の沢井くん



その後、完全にダウンの富山くん



天竺一座のバスも、体育館の舞台上で組み立て中



そろそろ後から到着するメンバーもやって来ました。
梅さんは富士急行に乗れたそうです!なんとも可愛い車両です!


さて本番の時間も迫ってきました。会議室に机を並べて楽屋にさせていただきました。
メイクする人やお弁当を食べる人でごちゃまぜの楽屋風景です!


『ネズミの涙』開演!始まる前から客席は賑やかで盛り上がっています。
高校生、元気あるなぁ!役者陣も負けてられないぞっと気合UP♪
開演直ぐに、大きな笑い声で客席が盛り上げてくれ、とってもいい感じの本番になりました!!
あ、そうそう、ドブネズミの時に投げキッスをしていたら、「マジ勘弁してください!!」ってお願いされちゃいました。あれ?^^;

さて今度は体育会系のみなさんが、3階から荷物を運び出すのを手伝ってくださいました!またまたありがとう~!
階段の途中から見えるのは・・・・



そう、富士山です!なんだか富士山を見ると、こんにゃく座のみんなは嬉しくなって騒ぎます♪

もう真っ暗になってしまいました。今日もお疲れ様でした!




0 件のコメント:

コメントを投稿