ピノッキオ組 in 東京都東大和市『東大和市立第二小学校』(10月18日):石窪 朋

ちょっと前の朝5時台は少し明るかったのに、今日は夜のように真っ暗でした。
秋ですね〜。
そんな中向かったのは、西武線沿いの東大和市立第二小学校。

仕込みを開始した体育館はひんやりしていました。
扇風機が必需品であるオペラ「ピノッキオ」にとってはありがたいヒンヤリ具合です。
しかし、しかし、仕込みの最後には、やっぱり1台だけ・・・と言って扇風機をセッティングして1ステージ目開始!!

1、2、3年生はとにかく自由に楽しく観てくれました。
一緒に踊る子、金貨を見に舞台に近寄ってくる子、休憩中に「ツッコミどころ満載だよ」と言いにくる子、ずっと「こけこっこー」と効果音を入れてくれる子・・・最後のテーマソングでは手拍子が後ろの3年生の席から始まり、嬉しい手拍子の中終わることができました。

1ステージ目が終わり、扇風機ももう1台追加し(笑)、2ステージ目開始!!
高学年はどう観てくれるかしら・・・。

え・・・すごく静かだけどもしかして寝ている??・・・イエイエ、ものすごい集中力です!
びっくりするほどの集中力で、どんどん空気もあったまって大笑いも聞こえてきて、時間の経過を楽しめる舞台になりました。
ダジャレについ「ブッ♪」っと吹き出して、児童さんの注目を受ける先生もいました。
その後の空気のあったまったこと!…先生どうもありがとう★


そんな空気になったのは、役者側にも理由があります!!!

今日は・・・
アンサンブルのバランスがよかった。
キツネとネコの掛け合いが新鮮で楽しかった。
農夫がぴょ~んとパワーアップしていました。
ピノッキオの「これが海か」からの歌が染みました。
ピノッキオとおじいさんの再会のシーンは、とてもいい時間が流れました。etc・・・

岡原さんが具合悪くなってしまって、本人はもちろんですが、
まわりもいつもと違った集中力が溢れ出てきていました。
舞台ではさすが大御所おかはらさん!!具合悪いことをみじんと感じさせないですし、
ピアニストの湯田さんと3人の役者は、いつもと違うタイミング、いつもと違うハーモニーを自然と肌で感じ取りながら、今日の舞台をつくりあげていっていました。
いいチームワーク♪
こんにゃく座の強みだ!・・・と自負しながら、かつ、気合を入れ直しながら、照明を操作しておりました!!

とは言っても、みんな元気が一番♪
明日から2日間の車移動の間に、リラックス&リラックス♪ そして安全運転♪
元気いっぱいで九州に上陸です!
台風も上陸?? 
・・・気にしない気にしない!元気いっぱいで九州へ!



0 件のコメント:

コメントを投稿