ピノッキオ組メンバー

ピノッキオメンバーはピアニストさんも含め全員運転ができます♪
島根への旅も、九州への旅も、奈良への旅もハイエースと2トントラックをかわるがわる!
ラストのまたまた奈良の旅も安全運転でピノッキオの旅してきます!!


岡原
真弓
私は車の免許を20歳でとりました。暫く大阪では運転していましたが、25歳で東京に出てこんにゃく座に入ってからは運転していませんでした。しかし暫くして公演の規模が大きくなって、女性ドライバーも必要になってきて再度運転しました。しかし暫くして男性座員が増えてきて、私は運転しなくてよくなりました。そして暫くして二班体制になって、また女性ドライバーが必要になってきて、またまた運転するようになりました。ところが暫くして、今度は運転できる若い女性座員が増えてきて、私は運転しなくてよくなりました。なのに暫くして、今度は3班体制になってしまい、移動はみんなハイエースという時代がやってきて、またまたまた運転するようになりました。こんど暫くして、私が運転しなくなる日はどういう時代になるのでしょうか?



佐藤 敏之
免許を取って間もなくの19才の秋に初めてのドライブデートを計画しました。
ワクワクと待ちに待ったその日は生憎の雨…しかしここでメゲていては男がすたる!記念すべきこの日を成功させるべく、お気に入りのCDをかけながら晴れていたら素晴らしい紅葉の絶景である山道を会話で盛り上げながら走ったのでした。
食事を済ませた帰りの山道を走らせていたら隣の彼女が急に静かになりました。ちょうど駐車場が近くにあったので入ってみると、何となく沈黙があって彼女とジッと見つめ合う時間が…少しの期待を持って「どうしたの?」と僕。彼女は「…気持ちが悪いの…」「………」

トイレのある場所を探す為、速やかに車を発進させたのでした。



佐藤 久司
学校公演で早朝にトラックを運転する時、首都高の湾岸線を通ることがよくあるのですが、レインボーブリッジからの朝焼けの風景は素晴らしいですよ。海と空が一面朝日に染まってえもいわれぬ美しさです。1日のはじまりにエネルギーが満ちてくる心地です。
夜は夜でイルミネーションがきれいなので、助手席に乗り合わせた女の子が「きれい~」とか感激してたりすると、疲れた帰り道が、ちょっとしたデート気分に早変わりしたりして…(とか言ってみたりして…)



太田 まり
運転はとても好き!楽しい♪色々な風景が飛び込んできて、同じ道でも時間や季節などで色々な顔を見せてくれて楽しい♪
でも私は太陽を吸収しやすいお肌なので、何もしないと真っ黒焦げになります。それはとても困るので、なるべく肌を隠すグッズや日焼け止めを持っていきます。
でもそれを装着し忘れて結局焦げます。



湯田 亜希(ピアニスト)
免許取りたての頃に、岩手旅行に行き、レンタカーを借り、春の遠野を運転しました!桜満開の土手から、桜吹雪が。。本当に綺麗だった!
そしてその後、初めて山道へ。運転の仕方がわからず、ブレーキを使いすぎていたら、隣に座っていた夫がすごく静かに。。ふと見たら、真っ青な顔で震えていた(>_<)


石窪 朋(舞台照明スタッフ)
結構前の話。同期の裕加が助手をしてくれて、女性2人で4tトラックを小学校へ運んだ時のこと…。
公演後だったのでもう日がくれてきて、「ここを曲がれば学校だね~」なんて言って曲がろうとしたら、んん‼︎ せまい‼︎ 細い‼︎…裕加が誘導してくれてどうにか切り返してみても、道路に設置されているミラーのツバがどうしてもあたりそう…‼︎ いつも大変お世話になっているミラーだが、この時ばかりは邪魔で邪魔で‼︎ 悪戦苦闘していると、近所で集まりがあったらしく、おじちゃんおばちゃんお兄ちゃんたちが集まってきた。1人のおじちゃんが「どした? 曲がりたいの? 曲がれないのか。」と話しかけてくれて…「よし‼︎ わかった。待ってろ。」…とどこかに消えた。気づくとなんと!トラックの上で「いいぞ。ゆっくり曲がれ~。」と言ってミラーを手で押してくれている‼︎ 「え~‼︎」と圧倒されながらも、ゆっくりゆ~っくりハンドル切っていくと…曲がれたぁ‼︎
おかげで小学校へたどり着きました。
今なら曲がれるのかな、あの角。挑戦してみたい気もする。
それにしても本当にお世話になったなぁ。ありがたかったなぁ‼︎ いい人たちだったなぁ‼︎



川中 裕子(制作マネージャー)
ややペーパードライバーだった私はこのピノッキオの旅からハイエース運転デビューしたのですが、春の旅では大きいのでドキドキしていた車幅にも慣れてきたし、運転しながら片手離して調節出来なくて自分の姿勢で調節していたバックミラーも直せるように成長しました~!!やはりこんにゃく座にいるといろんな事が出来るようになります♪
今はバックでの駐車をスムーズに出来るようになりたいです!!

0 件のコメント:

コメントを投稿