森組 in 三重県桑名市『大山田東小学校』(10月17日):久保田由佳里

久保田由佳里です。
『森は生きている』公演のスタッフとして13日から旅公演に参加しました。
大石さん演出の『森~』で、仕込み(舞台準備)・バラシに入るのは初めてです。
当初仕込み時…今自分が運んでいるセットが舞台のどの部分にあたるのか、なかなか検討がつかなかったのですが、みんなさりげなくフォローしてくれて、どこに配置したらいいのか教えてくれます。
ガンバっている若手メンバーの姿はすがすがしく、見ていてとても気持ちのよいものです。モチロン!古株? もバッチリ活躍していますよ~(*^^*)

体育館での公演に育てられた私にとって、体育館はやはりエキサイティングな現場です。
文化庁の公演では、劇中子どもたちも自分たちで作った“マツユキソウ”を客席に咲かせたり、ソリの歌を一緒に歌ったりするのですが、小学校公演ならではの醍醐味を存分に味わうことができます。
そんな現場に立ち会えるのはとてもシアワセです(^^)
私がツアーに参加するのもあと一週間弱となりました。慣れた頃にはお別れですね。みなさん、ありがとうございました!
時間がたつのが早いです。この秋中ずっと旅していたいくらい。
残りの日々を楽しんで過ごしてきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿