ネズミ組 in 富山県魚津市『新川高校』(10月23日):沢井栄次

今日の「ネズミの涙」は富山県魚津市の新川高校です。
カンのいい方はおわかり?そうです。地元に戻ってきました。
こういう形で田舎に帰ってくるのはなんとも不思議な感じです。
母校ではないものの学校の周りにどんなお店があるかなにがあるかはチャリンコ転がしていた子供の頃から知っている訳で、それが今回公演で訪れるのはやっぱり変な感触。
学校の隣には農協のスーパーがあったのにコンビニに変わっていてビックリしました。
田舎って帰るたびにどこそこ変わっていて軽い浦島状態になるんですよね。

そうこうしているうちに今シーズン2回目の体育館公演の仕込みが始まりました。
さすが10月後半の富山。朝からヒンヤリで体育館はスースーです。でもネズミっていう作品はとにかく運動量が多くて汗も尋常じゃなくかくのでヒンヤリしてた方がむしろありがたいのです。

朝から新川高校の先生と生徒さんにお手伝いしてもらってピアノをステージから床に下ろします。
ピアノを水平にしながら…おりゃおりゃ。足を潰さないように…


無事下りました〜!パチパチ。


差し入れで桃山地区のぶどうを頂いたり


公演後は花束の代わりになんと加積(かづみ)地区のりんごを頂きました!
そうだよねー。学校の周りはりんご畑だもんねー。富山のりんごはりんご生産地の中で南側なので蜜が多いのが特徴なのですよ。あま~いりんごを美味しく頂きました。
ありがとうございます!






0 件のコメント:

コメントを投稿