森組 in 和歌山県海南市『中野上小学校、南野上小学校』(10月29日):小野崎有香

今日は中野上小学校と南野上小学校の合同公演でした。


仕込みをしていると、一人の少年が窓の外から話しかけて来て
「昨日ね、動画観たよ!面白かった!」
と言ってくれました。
「じゃあ今日も楽しんでね!」
と返したら、
「うん!」
と元気に去って行きました。


そんなわけで、私は朝から気分上々☆



そして、今日の給食は
“森は生きている”に合わせてロシア風メニューでした!



ボルシチ、テンション上がる~!



そして、この小学校には
“海は生きている”がありました!



サラッと見た感じだと、海と人間は深く関わりあっていて、お返しを忘れてしまっていて…

と、なんか森は生きているに通ずるものを感じました。
自然は大切にしなければなりませんね。





本番中は児童のみんな、真剣に観てくれて、
ソリの歌も十二月の歌も元気に歌ってくれました。

高学年の男の子が照れ臭そうに待雪草をあげているのが可愛らしかったです。



バラしの途中で、男の子と女の子の兄妹が、そぅっと、「みんなで写真撮りたい」と言ってきました。


誰かが「終わるまで待てる?」と聞いたら、本当に待っていてくれたので、こんにゃく座のトラックの前でパチリ☆



とても喜んでくれて、こちらまで嬉しくなりました。



お兄ちゃんは歌が大好きで、大きくなったらこんにゃく座に入りたいそうです。

みんなで待ってるね!
(^O^)/



そしてまた、こんにゃく座のトラックは夢と希望を乗せて次の小学校へと走り出すのでした。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿