森組 in 神奈川県鎌倉市『鎌倉女子大学初等部 松本講堂』(11月8日〜9日):壹岐隆邦

鎌倉女子大学へとやってきました。森組ひさびさの関東公演。
キャンパスの学園祭―みどり祭―の20周年を記念して、同じ日に初等部の芸術鑑賞会を組んで一般公開しよう、という嬉しい企画です。

午前本番のため、公演前日から仕込みをしました。
3階の講堂という事もあって、敏之さんが仕込みを手伝いに来てくれました!
たくさんの先生方も搬入を手伝ってくださって、大助かり。
ありがとうございました!







翌日、みどり祭当日!



初等部の児童の他にも、中等部や高等部の生徒、保護者の方なども足を運んでくださり、本番はとても暖かい舞台になりました。





最後には出演者全員とスタッフの分まで花束を頂きました。
ありがとうございました。

終演後は、学園祭が終わるまでバラシが出来ないので、各々自由行動に繰り出します。

学内はお祭り真っ只中!
マーチングや



人形劇



学習発表や



部活動の制作発表もあります



もちろん本物の食べ物もあります。

食事中に、
「あの、もしかしてですけど……」と6年生に声をかけられた人たち




バラシを手伝いに来てくれた人たち





弓道体験コーナーがあって、こんにゃく座の座員がわらわら集まってきました









矢の当たった場所で得点が決まっていて、いちばん高得点だったのはこの人!



でもいちばん注目を集めたのはこの人



"おかし"という、謎のスコアをたたき出したのでした。


ひとしきり楽しんだ後は、バラシの時間です。
島田さん北野さんのお手伝い、
そしてまたまた先生方のお手伝いもあって、スムーズに搬出も終了。
最後まで本当にありがとうございました!

ちなみに今回の芸術鑑賞会の担当の先生は、私の大学時代の後輩でした



お世話になりました!



おまけ。


仕込み中に突然現れたバンドマン



"いつも笑顔で楽しい現場!"

0 件のコメント:

コメントを投稿