ロボット組 メンバー紹介(2015年5月〜7月)

『ロはロボットのロ』のメンバー紹介です!
それぞれの好きなパンについて語ってもらいました★




金村慎太郎*テト

僕の好きなパンは、いろいろあるのですが、、その中で一番よく食べるのがチョコパンです!
外側と内側に、チョコのつぶつぶがあって、それがパンの食感と合わさってとーっても美味しいです!!

今回演じるテトはそんな美味しいパンをたくさん作るロボットです!
テトは苦手なものがたくさんあるのですが、僕自身、テトと同じく苦手なものがとても多いので、物語のテトのように成長できるように、頑張りまぁす!(^O^)



飯野薫*ココ

パン屋さんは大好き!!!好きなパンはベーグルとパンオショコラ!!パンが好きすぎてパン屋さんでアルバイトしていたこともありました。毎日パンのいいにおいでしあわせでした。
それから、昔ながらの喫茶店で食べる出来たてのサンドイッチが好きです。野菜シャキシャキ、パンふわふわ…。サンドイッチとコーヒーで最高にしあわせな時間です。

ロはロボットのロ、げんきいっぱい頑張ります!



佐藤敏之*エド、ドリトル、ダイヤ

僕はパンが好きです。
色んなパンを食べます。
食べた事の無い新しい味や見た目珍しい色(赤や黄、時には緑にピンク)のパンが売られていると思わず買ってしまいます。
しかし周りに「また色のついた甘いパン食って~」と言われ続け、最近は自粛しています。
しかし基本的には素朴なパンが好きで、中でもドライフルーツを使ったパンがお気に入りです。
このパンは「無花果と胡桃のパン」です。
無花果は田舎で近所に一杯あって、勝手に取って(スミマセン)その場で食べたり、お隣から頂いて砂糖でサッと煮て食べたりしてたので昔懐かしくて大好きです。

さて、今回僕のやる役は

①パンロボット
②ダイヤ姉さん
③エド(パン屋さん。ココのお父さん)
④ドリトル博士

です。
このオペラは初演から出させてもらってる思い入れの強い作品です。日本各地&インドネシア&タイ&インド&韓国と、主人公のテトの様に一杯旅をしました。

今回もオカマの宝石売りのダイヤ姉さんをやります。
世界中の老若男女を騒然とさせ、余りのビジュアルに子供を途中退場させた伝説のドラッグクイーンを是非お見逃しなく!
今回はウットリするかもしれませんことよ~



井村タカオ*エド、ドリトル、ダイヤ

最近食べて美味しかった、あんこクロワッサンです。稽古中の小腹がすいた時に食べて頑張っています。チョコじゃないところが、ね。



岡原真弓*ママモンロー、ノーマ

私の最近のお気に入りのパンは座の冷凍庫に入っているパンです。つまりはこれは、どなたかのプレゼントなのです。誰が食べてもいいのですが、最近見つけたこのパンは他に誰も食べないのです。と、言うか誰も気がついていないのかもしれません。そして、このパンにファンの方がくださったお手製のゆずジャムをつけるのです。つまりは頂き物で生きるわけです!

そして、私はロボットではパン工場の工場長ママモンローという役と、パンが大嫌いでロボットを憎んでる魔女ジーンという役をやります。この作品の初演の時に私は演出助手をやっていて、鄭さんの演出を見て「芝居はみんなで作るもの」という事を痛感しました。その作品に今回は出演!今まで偉そうに言っていた事を自分がやらなければなりません。プレッシャー。でも、本当に素晴らしい作品なので最高に幸せです。



相原智枝*ママモンロー、ノーマ

ビゴというパン屋さん。
鷺沼の駅近くにあることは知っていました。
日本に初めてフランスパンの作り方を伝えたそうです。
今回パン作りロボット、テトが主人公なので、チラシとポスターを置いて下さいとお願いしたところ、快くOK❗
写真はルヴァンという伝統のフランスパンとペペ(じぃーじという意味)という小鼠を背中にのせたおじいちゃんねずみの形のクリームパン。
どちらも♪ビゴのパンは あ ♪って歌いたくなるおいしさでーす



沖まどか*ジーン、花子

私の好きなパン。ドミノピザとプレッツェル!うん。ドイツで出会ったプレッツェル!塩味で美味しいんですわ!もちっと♡そしてどこにでも売ってるの!パン屋でも屋台でも劇場でも!
ドミノピザは…だいたいパンなのか…でも美味しいんだ!!
まっ今回はですね、コレ!お母さんが作ってくれる納豆ぱん!
実家には、パン製造機(オーブンレンジ)がありましてね、たまに朝ごはんにクルミの食パンとかを焼いてくれるのです。それが美味しいのですけど、ごくごくたまにロールパンを作ってくれるのです!!
でね、私が高校生だったある日、カレーぱんとこの納豆ぱんを作ってくれて、学校に持って行きました。みんなにはウゲって言われたのですが、これが美味しくて美味しくて!ふわふわのパンをかじると納豆のネバネバもほんのりあって♡
なんか驚きの美味しさだったのでした。
この写真を撮るために今回はお母さんに頼んで作ってもらっちゃいました(*^ー^*)
ありがと!お母さん♡



武田茂*マニー

若い頃、小腹が空くとアンパンと牛乳と言うのが定番でした。この世界に入ってからのバイト先の会社に面白いところがあって、そこは定時終了時刻の17時近くになると牛乳とアンパンを出す時がある。何も知らずに喜んで食べてしまうと、これが
大変で、食べたら残業は大丈夫と言う暗黙の了解になってるのです。もう懲りたから今度はかからないぞと思うのですが、ちょうど小腹のすく頃だし、牛乳とアンパンは旨いと脳に叩き込まれているから、よく騙されましたわ。



泉篤史*シオン、サファイア

やっぱり毎朝食べた食パン!
今では朝ごはんはお米なのですが、子供の頃はよく食パンが朝の食卓に並びました。その頃、ちょうどジブリの天空の城ラピュタをよく見ていました。ご覧になった方なら分かると思うのですが、この作品には目玉焼きの乗った食パンが登場するのですね。もうそれが美味しそうで美味しそうで。
よく親にせがんで作ってもらいました。そんな思い出もふんわり生地に練りこんで、劇中でパンを作ろうと思います。



大久保藍乃*ルビー、ハロー

好きなパンと考えても、なんとなくピンとこないのです。
最近はあまりパンを食べていなかったようです。
でも、コンビニでもパン屋さんでも、置いてあると「お♪」っと心躍るのは“焼きそばパン”です。
小さいころ、初めて焼きそばパンを見た時「パンに、焼きそばが入っている!?」っと、とても感動しました。カラシは苦手だったけど、焼きそばパンのカラシマヨネーズは食べられました。紅ショウガもあまり得意ではなかったはずなのに、焼きそばパンに乗っている紅ショウガは、味を変えるアクセントとしてなんて素晴らしい役割なんだ!!っと食べるのが楽しみでした。当時の焼きそばパンへの愛は凄まじく、ほぼ毎日焼きそばパンを食べている時期もありました。小学生から中学生のころでした。
あのころかもう何年経ってでしょう。今は焼きそばパンを食べることは滅多にありませんが、コンビニで見かけると、なんとなく焼きそばパンを見つめてしまいます。
今回、この写真の撮影のために久しぶりに焼きそばパンを食べ、やっぱり美味しいなーなんて思ったのでした(u_u*)
焼きそばパンエピソードのように、大人になっても思い出して懐かしくなったり、当時の感動が溢れるようなパンの物語にしたいです!



服部真理子*ピアノ

私の大好きなパンは、鎌倉のビゴの店 Mon péché mignon のカスクルート ハム。
店の名前Mon péché mignon とは、フランス語で私の悪癖という意味で、ここのパンに目が無いのと言う事です。カスクルート(casse-croûte)は軽食と言う意味で、普通はバゲットにバターを塗ってチーズ、ハム、野菜などを挟んだものを示します。
シンプルだけど美味しくて大好き‼朝7時開店も嬉しいです。



湯田亜希*ピアノ

家の近くのパン屋さんは、とても美味しくて、いつもふんわり良いにおいがします。中でもクリームパンは、どこのお店より美味しいー!
『ロはロボットのロ』は初演を観て、笑って、声が出るほど泣いて、すっかりこんにゃく座が好きになり、「ピアノを弾かせて下さい」と、門を叩くきっかけになった作品です。その作品を弾けることになり、本当に嬉しいです。
お客様が「あっ、楽しい^o^」と思わず声が出てしまったら嬉しいなぁ。



冬木理紗*裏ロボット(舞台部)

パン屋さんに入るとだいたいチーズの入ったフランスパンを買っています。
焼き立てだと外側がカリッと中はふんわりもっちりで、至福のひと時です。お供に牛乳があればさらに良いですね。
テトの作ったパンはどんなに美味しかったんだろう。焼き立てパンの美味しくて幸せな匂いが広がるような、オペラを観た後はホカホカのパンが食べたくなるような、そんな舞台になるといいなあ。



小林ゆず子*制作マネージャー

パン大好き。そしてパン屋さんが好き。
買わなくても食べなくても眺めてるだけでも好きみたいで、たまにパン屋さんでウィンドウショッピングしてしまう私です(^_^;)
好きなパンと言われると難しくて。。。でもあると必ず買いたい気持ちがうずうずするのはクイニーアマン♪今回買ったのは紅茶が生地に練り込んであってさらに私好みヽ(´▽`)/美味でした(*^^*)
『ロはロボットのロ』は私がこんにゃく座と出会った大切な作品♪再演に関われるなんてこんなに幸せなことはないと思ってます。少しでもよい作品になるように、少しでもよい旅になるように自分に出来ることを精一杯に!!そして子どもたちにこのオペラがまっすぐに届きますように☆






以上のメンバーで『ロはロボットのロ』お届けいたします♪

0 件のコメント:

コメントを投稿