ネズミ組 in 栃木県栃木市『栃木市文化会館』(6月16日):北野雄一郎

はーい、みなさん、こんにちはー。
黄緑エプロン給仕こと北野雄一郎です。

今日のネズミの涙は栃木県栃木市の栃木市文化会館にやって来ました。ここで栃木女子高校の皆さんに観てもらいます。

よし仕込みを始めるかー、と楽屋へ入ったところ、おや、鏡前の高さが妙だぞ?長身のいっくんでさえ、この有り様。


今日のメイクはつらい戦いになりそうだぞ

と思っていると、ちゃんと椅子がやってきました。畳の上に椅子、モダンな感じです。

すると、もひとつモダンな感じなものが、


古すぎて逆にオシャレな感じの冷蔵庫

こんな鮮やかな色の冷蔵庫、今ではなかなか見ません。この冷蔵庫は設置する場所を選びますね。自分の家に置く勇気はありません。

さて、仕込みをしていると、おや、なんだかいつもと風景が違う、と思ったら、


バスが分断されているっ!?

どうやら、バスを動かした時に転がるキャスター(車輪)部分がおかしい、ということで、その部分をチェックするようです。本番でバスが動かないと大変ですからね。
で、ちょっと目を離していると、


バスの後ろが消えた…

と、思ったら、


臨時ピットインに入っていました

これで、無事にバスは復活。
いつもと変わりなく本番を迎えられました。

本番はどうだったかと言うと、それはもう、大盛り上がりです。たくさんの笑い声があったかと思うと、静かなシーンでは水を打ったように静まり返り、しっかりと観てくれました。
バラシもたくさんのお手伝いの子に手伝ってもらい、速やかに終えることが出来ました。

ネズミの涙、次の公演は7月初旬。それまで少しのお休みです。その間しっかりと英気を養って、次の本番に備えたいと思います。


意味なく目を見開いています







+ + + + + + + + + +





確かに、女性トイレですからねぇ



0 件のコメント:

コメントを投稿