ロバ組 in 東京都三鷹市『大沢台小学校』(10月13日):石窪朋

やはりもう秋。朝5時はひんやりしています。
でも、寒すぎず清々しい空気の中、今日は三鷹市の大沢台小学校へ…!

今日からピアニストは、いぐまゆこと井口真由子さん。
また新鮮な気持ちで稽古。
確認することは何箇所かあったけれど、今回のロバ組は、なんだろう…サラ〜っとパラ〜っとこなしちゃうメンバーです。なんの問題もなく稽古が進みました。
「銀のロバ」の旅公演も2年目です。
メンバーがどんどん深く強くなっている感じです。
本番が楽しみ♪

本番は本番で、驚いたり笑っちゃったりすることが盛りだくさん!
ココがマルセルにリボンを結んでもらうシーンでは、真ん前の1年生がため息混じりで「かわいい〜〜〜!」という声。
ロバが登場して歌い出すとびっくりざわめいたり、ロバがほっぺに触れるシーンは、息を詰めて見守ったり…客席がとってもあったかかった。
どんなとらえ方をしてくれるんだろうと思うシーンも、それぞれの学年の観方で、自由で、いい雰囲気の反応がいろいろあって、お客さん越しで見ているこっちが感動してしまいました。

担当の先生も「よかったです〜。」とわざわざ言いに来てくださったり、校長先生も「子どもたちに伝わったと思います。」と言ってくださいました。
そんなお言葉…幸せ感じちゃいました〜!

終わったあとは、「銀のロバ」の台本を手がけてくださったいずみ凜さんと、萩さんを囲んでお弁当。
たくさんお話したあとに……


みんなで1枚♪

写真の中で萩さんが持っているのは、学校からの差し入れ〈学校で採れた柿〉。
今日は用務員の方々もとっても親切で、柿をむいて持ってきてくれたり、冷たい麦茶を持ってきてくれたり、トラック移動のために垂れ下がっている電線を持ち上げてくれたり…
最後の最後まであったかい気持ちでいられました。

大沢台小学校のみなさんありがとうございました!

おかげで帰り道は心も秋晴れでした〜♪

0 件のコメント:

コメントを投稿