ネズミ組 in 神奈川県川崎市『麻生市民館』(11月5日):熊谷みさと

どうもこんにちは。『銀のロバ』組で絶賛旅公演中の熊谷みさとです。ちゃみです。

本日はロバの公演がお休みということで、『ネズミの涙』の公演に潜入してきました。


ネズミ靴下で気合い充分☆

…もう大人なのにこんなふざけた靴下ばかり履いている自分をちょっぴり反省する今日この頃です。でもやっぱり五本指靴下が好きなのです。


そんなこんなで朝からトラックの大胆な姿を目撃し、元気に仕込みます。


制作マネージャーをしつつ音響の係もやっちゃう昭和の女・裕子さん


なんだか絵になっていた、照明の増田さんを見つめる富山さん


壹岐くんは長い間チャンゴの紐と格闘していました。

島田さんが朝から水の入ったペットボトルを携えているなあと思っていたら、お隣さんから非常用の「6年保存水」をもらったんだそうで、


これがその水で淹れた「6年コーヒー」だ

とまあ、愉快な仲間たちが集まっているネズミ組。楽しそうで何よりです。

舞台稽古も、稽古リーダーのうるおさんを中心に、みんなで意見を出し合いながら丁寧にあたっていきます。


おっ父とおっ母


本日のライライ

「若者はもっと足を上げよう」とか、「伸ばすのもしっかり」とか、お互いにいろいろ言い合っています。良いですね。


そしてお茶場には花島散髪屋が登場。


ニッケルの襟足を整える花さん。


私もその節は大変お世話になりました。


それにしても、こんなにシシ神さまの顔真似が上手なひとは今まで見たことがありません。思わず「あんたシシ神のごたる!」と叫んでしまいたくなる表情でした。



なんだかよくわからないけどとっても楽しそうな2人に手を振って客席へ。

今日のお客様は麻生総合高校のみなさんです。
はじめから終わりまで元気いっぱいで、にぎやかな公演になりました。
最初はちょっとにぎやかすぎて大丈夫かなと心配になったりもしましたが、本編が始まると、スッと物語に入ってしっかり観てくれていました。


公演後は大急ぎでバラし。間に合うかなあとドキドキしましたが、慣れたメンバーがとってもテキパキ動いていて、あっという間にトラックに収まっていました。


久しぶりにネズミ組にお邪魔できてとっても楽しく、心地よい疲労感に包まれて家路についた熊谷なのでした。



またねー☆




0 件のコメント:

コメントを投稿