ロボット組 in 島根県松江市『松江市総合文化センター・プラバホール』(3月18日):小林ゆず子

本日は岡山を出発して島根県は松江市へ。
私にとっては初の山陰!やっほぃ☆と思っていたのに車の中でウトウトしてしまい。。。景色を見逃しましたf^_^;
そんな今日の道中では

大山が見えたようです!※撮影:井村さん
『東の富士山、西の大山』とも言われるようで、大きなそしてキレイなお山ですね*\(^o^)/*次通る時は絶対見なきゃ!

そんな道中を経て到着しました松江市☆
ちょっと予定より早く着きましたが、おやこ劇場松江センターの方々が迎えてくださいました!

見えるかな?可愛い少年の持っていたうちわには可愛いテトとロの文字が!そして裏にはwelcomeと書いてあったのです(*^^*)むー♡嬉しい♡

搬入からたくさんの方々にお手伝いをいただきました!


よく見ると。。。みんなお揃いのテトのTシャツだ!担当ブロックの方々が1つ1つペイントして作ってくださったそう(*^^*)
受付係りの子たちもほら♡


ロビーのパン屋さんでもほら♡

みんな着ています!いいなぁ可愛いなぁと思っていたら最後に1人1枚プレゼントしていただきました!感動(>_<)大切に大切に着ますね。ありがとうございますm(._.)m 薫さんと泉くんの持っているクッキーもテトやノーマの形。もうロボットの世界がいっぱいで公演が始まる前から嬉しい嬉しいの連続でした。 今日のホールは素敵な音楽ホール。 パイプオルガンもあります。
井村さんが祈りを捧げています。とあるアニメの1シーンのようですね。


前から見るとこんな感じに仕込み上がりました。
後ろの黒い幕の上にもパイプオルガンちょっと見えてますね。文字幕がないので照明も全部見えてます。なんだかちょっと新鮮な感じですね。幕も上下にたくさんつりましたょー!なかなかイレギュラーな仕込みでしたが、疲れも吹っ飛ぶ小夜食が!


お鍋いっぱいのおでん♡


他にも煮物やサラダにデザートのゼリーなどまで用意していただき、身体にしみこむ美味しさでした(*^^*)

公演はとってもじっくり見てくださっていたなぁ。反応がパッと来るわけではないのだけどいろいろなことを噛み締めて感じてくださっているのが伝わってきました。そして子どもたちの反応がピュア☆演じている役者たちも勇気づけられるシーンがいくつもあったように思います。
ちなみにあまりに素敵な響きのホールだったのでピアニスト湯田様はいつもに増して幸せだったようです♪

終わったあとは急いでバラしておやこ劇場松江センターのみなさんとの交流会へ。短い時間でしたが、公演の感想を聞いたり、今日に向けての取り組みのお話を伺いました。こうして待っていてくださる方がいることはなんて幸せなことなのだろうと改めて思いました。私たちも公演を精一杯やることでお応え出来ていたらいいなぁと思います。本当に仕込みから交流会まで、おやこ劇場松江センターのみなさまありがとうございました(*^^*)


おまけ☆
搬入から頼りになる青年たちがいるなぁと思っていてちょっと声をかけてみたところ。。。
実は近くの大学の教育学部の学生さんでした。

ボランティアで来ていたそう。公演見るのも楽しみにしてくれていたけど、最後は話を出来ず。。。楽しんでもらえたかな?いろいろお手伝いありがとうございましたm(._.)m

0 件のコメント:

コメントを投稿