ピノッキオ組 in 新潟県妙高市『妙高市文化ホール』(6月3日):山本伸子

前日2日は移動日。
宮城県の秋保温泉を出発してシロツメ草いっぱいのヴィレッジに寄ってから、新潟県妙高市へ車でGO!。

翌日3日が妙高市文化ホールの大ホールで市内の小学校の4~6年生の合同鑑賞会でした。
このホールは照明の調光室(舞台上の沢山の照明を調節するお部屋。)が客席の後ろではなく、客席から見て右側の花道の上の辺り…というのでしょうか、舞台の横上から眺める感じに作られていて、普通は見られない出演者の動きの裏側、特にくじらのシーンでピノッキオがどんな動きをしてるのかがよく見えて面白かった。
(私の仕事は調光室での照明オペレートだったのです。)

さわやかな風がそよぐ妙高市を後にして、一同日本海側を西へ進む。福井で宿泊。そして次の日、岡山まで向かうのだ!


0 件のコメント:

コメントを投稿