ピノッキオ組 in 京都府京都市『御室小学校』(6月9日):西田玲子

昨日広島で2ステージやってバラして姫路まで移動。
朝 5:15に姫路のホテルを出発して京都市立御室小学校で 7時から仕込み。


いつもバタバタと仕込んで休む間もなく稽古、本番となだれ込んでしまうことが多いのですが、今日は搬入の条件が良く、スムーズに仕込みができたので、お稽古の前にみんなでティータイム。

そして、ゆっくり念入りにストレッチ、声出し、お稽古。
公演が続くと背中から腰が硬くなってくるので、私は主に、こんにゃく体操のぶらぶらと、寝転んで膝を立てて左右に倒すものと、仰向けで寝転んで足が頭を越えていく + モジモジで体をゆるめます。
背中や腰が柔らかくなると声も出やすい。

連日の本番 + 長距離移動でさすがに疲れがたまってきたところで、こういう時間がとれたのは本当にラッキー!

疲れて声が出にくいときに、ろくにストレッチや声出しせずお稽古に入ると余計な力が入っていろいろ痛めることもあるのでね。


今日のステージの最後、お辞儀して袖にはいる直前に聞こえた女の子の声。
「ピノッキオくん大好きだよ!」
心がほんわかしました。



公演後、ピアニスト井口真由子さんの実家、〔カフェきたら〕へ、いぐまゆの二人の天使と戯れて楽しい時間を過ごしました。





〔カフェきたら〕 看板メニューのスープカレーをお土産にいただき、ホテルのロビーでみんなでいただきました。


カレーパワーで明日も頑張るぞ!

0 件のコメント:

コメントを投稿