コンサート組 in 栃木県矢板市『こどもの森こころ保育園』(7月9日):山本伸子


ソング・シング・ソング3回目の公演は3月に〈森は生きている〉でも訪れた栃木県矢板市のこどもの森。

山の斜面に作れた広々とした保育園です。
小雨降る涼しい日でしたが、コンサートが始まると、ホールは園児やその保護者の方々の熱気で包まれ、やっぱり汗だくになっての演奏でした。

2ステージの間に、園長先生が寝ずに麺をついてくれたうどんをいただきました。園児と保護者の為に小麦粉25㎏分の麺を仕込んだそうです!
その園長先生はいつもパワフル、バイタリティー溢れていらっしゃいます。トレードマークの麦わら帽子は夏に新調されるそうです。職員の方の赤ちゃんをおんぶしてお仕事されてました。
いろんな立場の人に心地よい場所であるようです。

小さなお客さま、こどもたちに歌っていると、
「聞いてくれて、本当にありがとう」
と、胸が熱くなります。
手拍子や〈森は生きている〉の歌を一緒に歌って盛り上がりました。


帰りは猫の目をした月夜の中、高速を飛ばして帰りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿